全1562文字
これまでの連載では変化を阻む壁について話してきた仏INSEADのネイサン・ファール准教授。その2つの壁の間に、習慣がもたらす弊害がある。個人や組織が変化しようとする際、習慣の壁にぶつかる。この壁をどう打ち破っていけばよいのか。
ラインアップ(毎週金曜日掲載)
  • 01 経営改革の最強のツールは物語だ
  • 02 8人のSF作家が経営者を変えた
  • 03 パワーポイントには弊害がある
  • 04 イノベーションに脳神経学を使う
  • 05 挑戦を測る新しい指標をつくる
  • 06 抵抗勢力をどのように説得するか
  • 07 変化を起こすための行動とは
  • 08 自分と違うタイプの人と協働を
  • 09 オランダのINGは獲得と放棄を実行した
  • 10 「aibo(アイボ)」販売再開のソニーに注目
※今後の内容は変わる可能性があります
>> 一覧

革新を阻む要因は何でしょうか。

ネイサン・ファール(仏INSEAD准教授):変化を阻む壁に関して話してきました。その2つの間に、習慣がもたらす弊害があります。

 個人や組織が変化しようとする際、習慣の壁にぶつかります。この壁をどう打ち破っていけばよいのでしょうか。いくつかのステップを開発しました。まず、組織内で意思決定の仕組みを図式化します。

 公式な意思決定の仕組みだけでなく、実際、運用上どう意思決定されているかも図式化します。意思決定のプロセスで最初に必要な3人を明確にします。 最終決定に関係なくとも、スタートに必要な人たちです。

この先のポイント
  • ●意思決定プロセスのスタート時点で大切なことは?
  • ●法務部はどう言ったら味方に変わったのか?