全1603文字

 携帯電話からSIMカードを取り出すことを想像してください。参加者にクリップと紙束を渡すと、クリップを使えば取り出せることがすぐ分かるのですが、紙をクリップで留めた状態で渡すと、クリップで取り出せると分かる人が減る。これは「機能的固定性」と呼ばれる心理的な現象です。

 それだけではありません。個人や組織に、今見ている世界が全てだと思わせる心理的バイアスはたくさんあるのです。今日見ている世界が全てであると信じがちです。我々は組織を助けるいくつかのツールを導入し、個人としてほかに何ができるか想像する手助けをしました。

 そのツールの1つはサイエンスフィクション、SFです。 SF作家は人間の視点で、未来を想像させられるのです。「推論による組織の作り話」と呼ぶこともあります。我々は5~8人のSF作家たちに、この会社の5年後の未来を想像してもらいました。