全10588文字
(イラスト:西尾 鉄也)

それでは今回もよろしくお願いいたします。今回のお題は「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」(2014)ということでお願いいたします。押井監督がマーベルの映画をお題に出す、というのはちょっと意外な気がしますけど。

押井:僕はスターチャンネルの常連だから、マーベル、DC、X-MEN、あの辺はもれなく見る仕掛けになってるんですよ。その中に、時たま面白いのがあるんだよね。量産効果というか、シリーズものには時々変わったやつが出てくる。それはプログラムピクチャーの良さでもあるんだけど。

その1つがこの映画ということですね。

押井:だけど、この前作(「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」(11))はねえ……しょうもないヒーローものだった。

2作目は傑作で、前作はしょうもないと。珍しいケースですかね。

押井:主演(クリス・エヴァンス)はものすごい肉体の持ち主なんだけど、お話は、モヤシみたいな青年が改造されてヒーローになるわけ。だから、改造前のキャプテンはデジタル加工でヒョロヒョロになってる、あの技術は見事だった。だけど「ザ・ファースト・アベンジャー」は、僕的にはデジタル技術以外に何も評価するものはない。ナチと戦う単なるヒーローものだからね。

 だから続編の「ウィンター・ソルジャー」にはさしたる期待もなく、家のテレビで見てたんだよ。だけど始まって3、4分で、「これはなんか違うぞ」って座り直した。

この映画はちゃんと見ようと思ったと。

押井:そうそう。あきらかに「なんかやらかそうとしている」んだよ。しばらく見てると、敵のヒドラという組織が、1作目は大戦中だからナチスのイメージだったんだけど、この「ウィンター・ソルジャー」ではソ連のイメージに変わってるわけだ。一番象徴的なのは、主人公のかつての親友だった男がサイボーグになって出てくる。その肩に赤い星が描いてある、あからさまに。その瞬間に「あっ」と思ったわけ。

この映画の「仕掛け」に気がついたんですね。

★以下、この映画についてのネタバレ、もしくはそれにつながる言及が出てきます。ご注意ください★

押井:アメリカ映画というのは、基本的にその時々の国内問題や外交問題といった、アメリカの置かれている状況と無関係ではないんだよ。それは文芸映画とか社会派の映画だけじゃなくて、エンターテインメントの大作でも同じ。そしてエンタメの場合はよく暗喩を使うんだよね。

直接的に言及するんじゃなくて、何かに例えて描いているわけですね。

戦後アメリカの最大の脅威は「洗脳」だ

押井:それで、戦後のアメリカの最大のテーマは何かというと、それはもちろん「冷戦」だよ。その冷戦期のアメリカの最大のテーマといえば、軍事的にはもちろん核の脅威なんだけど、内政的な意味での最大の脅威が何かというと「洗脳」なんだよ。

「ウィンター・ソルジャー」でも、組織の中に裏切り者が出てきますね。

押井:突然、隣人が共産党員であったことがわかる、とか、共産主義者が組織の中に入り込んでいた、とか。いわゆる「赤狩り」というやつだ。

前回の連載でも、ロバート・アルドリッチ監督の作品で赤狩りについて触れました(『仕事に必要なことはすべて映画で学べる』)。

押井:「ハリウッドには大量の共産党員がいる」って1950年代に(ジョセフ・)マッカーシーがぶち上げて、片っ端から監督や役者を喚問した。議会証言で嘘をついたら刑務所行きだからね。

 そして、それ以前には「裏切り」を奨励してたんだよ。「仲間を吐けばお前は助けてやる」って。ハリウッドで共産党員だと示された瞬間、未来はなくなる。監督なら映画を撮れなくなるし、役者は映画に出られなくなる。それはものすごい恐怖だったんだよ。それで裏切りや密告が横行しまくった。その当時のことを伝える本や映画もたくさんある。

そんな情けない事態になってしまったのは。

押井:そう、赤狩りの恐怖というか、アメリカ人が内部に入り込んだ共産主義者、洗脳された人間をどれだけ恐れたか、だよね。それはハリウッド映画にいろんな影を落としてる。

 そもそも「ウィンター・ソルジャー」っていうタイトル、何のことかわかる?