全629文字

今回のテーマは天皇家に忠節を尽くした忠臣たちです。江戸時代に儒学が定着するまで、天皇に尖った忠節を尽くす人物は現れなかったように思います。そんな中で、忠臣として挙げられるのは和気清麻呂と楠木正成。彼らはどのように忠節を貫いたのか。