大型開発プロジェクトで変貌しつつある東京。その注目エリアをピックアップし、地域の歴史や地形と絡ませながら紹介していく連載です。現地に残る史跡、旧跡のルポも交えて構成。歴史好きの人のための歴史散歩企画としても楽しめます。変貌する「ネオ東京」の“来し方行く末”を鳥瞰(ちょうかん)しつつ、歴史的、地勢的特性を浮き彫りにします。
連載一覧はこちら

アーバン・コアと歩行者デッキとはなにか

 前回は戦後の渋谷の移り変わりと再開発の過程を追ってきた。だが、分断された渋谷がどうなるのかが、まだ見えてこなかった。逆に工事が進む過程で、渋谷はさらに“迷宮化”しているようにも見えた。そこに登場してくるのが「アーバン・コア」だ。

 アーバン・コアは渋谷駅周辺の再開発について回る言葉だが、これがなかなかピンとこない。

 簡単にいえば、垂直方向の動線がアーバン・コア、水平方向の動線が歩行者デッキ(これはまあ言葉のまんま)だ。

 アーバン・コアは2012年の資料によると、(渋谷マークシティの入り口を含めると)全部で9個設置されることになっている。

渋谷の再開発では各所にアーバン・コアが設置される。(図:渋谷区 渋谷駅中心地区基盤整備方針 平成24年10月)
渋谷の再開発では各所にアーバン・コアが設置される。(図:渋谷区 渋谷駅中心地区基盤整備方針 平成24年10月)
[画像のクリックで拡大表示]

 これらのアーバン・コア内に設置されたエスカレーターやエレベーターで地下と地上を結ぶ。

 渋谷駅周辺の再開発で利用されているアーバンコアは3つ。1つは渋谷ヒカリエの入り口にあるアーバン・コア。地下3階の東急東横線と東京メトロ副都心線の改札フロアからエスカレーターやエレベーターで上層階につながるのがそれで、楕円形のデザインになっている。

渋谷ヒカリエのアーバン・コア(写真右奥、渋谷ヒカリエ前面の半円部分)と歩行者デッキ(写真左手前)(写真:荻窪圭)
渋谷ヒカリエのアーバン・コア(写真右奥、渋谷ヒカリエ前面の半円部分)と歩行者デッキ(写真左手前)(写真:荻窪圭)
渋谷ヒカリエのアーバン・コアを上から眺めたところ。こんな吹き抜けのエスカレーターホールが縦の動線になる(写真:荻窪圭)
渋谷ヒカリエのアーバン・コアを上から眺めたところ。こんな吹き抜けのエスカレーターホールが縦の動線になる(写真:荻窪圭)

 地下の東急東横線・東京メトロ副都心線の改札口を出たらアーバン・コアのエスカレーターで上に登るとそのまま渋谷ヒカリエの入り口だ。渋谷ヒカリエの「アーバン・コア」の2階部分は渋谷駅へ通じる歩行者デッキとつながっている。

続きを読む 2/5

この記事はシリーズ「202X ネオ東京「今昔物語」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。