6つに分断された“迷宮”渋谷はどうして生まれた?

昭和後期の渋谷の断面図

東横百貨店をはじめとした東急グループ関連の建築物が建ち、地下には東急新玉川線(現在の田園都市線)、半蔵門線が開通。断面図では描いていないが、宮益坂上から渋谷駅南へ抜ける道路がつくられ、そこに首都高が建設された。
閉じる