高輪ゲートウェイ駅周辺で縄文~近世の史跡の宝庫を味わう

江戸時代前期、寛文12年(1672年)の高輪の地図。読みづらいが「この近辺 高なは(たかなわ)と云う」とある。泉岳寺の南に大仏。その隣に「たいしだう(太子堂) かうしんだう(庚申堂)」とある。現在は、第一京浜に面している高輪神社の境内にある
閉じる