その後、大正14年(1925年)には、北品川まで延びていた東京市電の線路を一部利用して路線を延長し、八ツ山橋を渡ることに成功。

八ツ山橋(手前)。橋の左手に「旧東海道」とある。奥の緑色の橋は京浜急行の鉄橋。京急最初の「品川駅」はこの八ツ山橋の南側にあった
八ツ山橋(手前)。橋の左手に「旧東海道」とある。奥の緑色の橋は京浜急行の鉄橋。京急最初の「品川駅」はこの八ツ山橋の南側にあった
[画像のクリックで拡大表示]

 八ツ山橋を渡った京急は、新たな終点として高輪停留場を開業した。今のウィング高輪あたりだ。駅前にはまだ珍しいターミナルビル「高輪ビルディング」が建てられた。1階に売店、中2階と2階には20数軒の店舗が入っていたそうだ。

昭和5年(1930年)の「大東京川崎横浜復興大地図」(時事新報社)。京浜電気鉄道の終点が「高輪終点」となっている。太い赤線は東京市電
昭和5年(1930年)の「大東京川崎横浜復興大地図」(時事新報社)。京浜電気鉄道の終点が「高輪終点」となっている。太い赤線は東京市電
[画像のクリックで拡大表示]
昭和5年(1930年)の「復興完成記念東京市街地図」(東京日日新聞)。こちらの地図だと「高輪」駅の場所がよく分かる。第一京浜を挟んで国鉄(現JR)品川駅の反対側に駅があった。高輪駅そばにある神社は「高山稲荷神社」。今も現存する
昭和5年(1930年)の「復興完成記念東京市街地図」(東京日日新聞)。こちらの地図だと「高輪」駅の場所がよく分かる。第一京浜を挟んで国鉄(現JR)品川駅の反対側に駅があった。高輪駅そばにある神社は「高山稲荷神社」。今も現存する
[画像のクリックで拡大表示]

 京浜急行に「高輪駅」があった、というのはちょっと面白い。なぜ高輪駅がそこに造られたのか。実は西にカーブしてそのまま東京市街へ延伸する計画があったのだ。

 昭和3年(1928年)発行の『東京市郊外に於ける交通機関の発達と人口の増加』なる東京市が発行した書籍の「京浜電気鉄道」の項目に「当社の計画線としては、高輪駅より白金猿町にいたる……」と書かれている。

 白金猿町は今の高輪台駅付近。東京市街への乗り入れを考えていたのだろう。

昭和3年(1928年)発行の『東京市郊外に於ける交通機関の発達と人口の増加』より。高輪駅から西へ延伸する予定のルートがざっくりと描かれている
昭和3年(1928年)発行の『東京市郊外に於ける交通機関の発達と人口の増加』より。高輪駅から西へ延伸する予定のルートがざっくりと描かれている
[画像のクリックで拡大表示]

 でもその計画はついえ、昭和8年(1933年)に高輪駅は廃されて国鉄の品川駅に隣接する場所に移動することになる。今の京急品川駅だ。

次ページ 品川駅が大変身するのは2027年