全4271文字

東急東横店が取り壊されたとき、井の頭線からの動線はどうなるのか

 ところが、この連絡通路は途中から東急東横店西館の2階を通っている。京王井の頭線側から連絡通路を歩いていくと、通路の左右は東急東横店西館の店舗となる。西館の中を通行しているのだ。そして進行方向正面が山手線の玉川改札となる。つまり玉川改札も東急東横店西館の建物の中にあるわけだ。また銀座線の旧ホームもまるごと西館の建物に包含されている。東急東横店西館は様々なものを飲み込んでいるビルなのだ。

 このビルが、渋谷スクランブルスクエア(第Ⅱ期)工事のために取り壊される。

山手線の玉川改札を出た真正面は京王井の頭線へ続く通路となっている。通路の両側に、東急東横店の店舗がある。左手の店舗の1階上(3階)には車庫に向かう銀座線の線路が敷設されている
JR玉川改札の目の前は、かつて東急玉川線の駅だった

 山手線外回りにある「玉川」改札。事情を知らないと、なんでこの名前が付いたか分からないだろう。

 実は、玉川改札の目の前には、かつて東急玉川線渋谷駅のホームがあったのだ。上に掲載した写真がまさにその場所。正面に見える通路や東急東横店西館の店舗辺りに駅があった。だから「玉川」改札と名付けられた。

 玉川線の駅は東急東横店西館の前身に当たる玉電ビルの2階にあった。玉電ビルは、五島慶太氏率いる東京横濱電鉄(今の東急)に買収される前の玉川電気鉄道が計画したもの。東京横濱電鉄による買収後の昭和13年(1938年)にビルは完成し、翌年に駅が移設された。ちなみに、五島慶太氏が発起人になった東京高速鐵道(現在の東京メトロ銀座線)の駅もこの玉川ビルの3階に設置された。その歴史が今も残っているのだ。

 その後、昭和14年(1939年)に山手線の駅が改造されて、できたのが玉川改札というわけだ。ちなみに今の東急東横店西館は戦後の昭和29年(1954年)に玉電ビルを増改築したものだ。

1942年当時の東急玉川線の渋谷駅。1938年に建設された玉電ビル(現東急東横店西館)の内部にあった。上に掲載した現在の写真と見比べると、柱と天井の接合部のはりの形が同じ事が分かる(提供:東急株式会社)