提供:コカ・コーラ ボトラーズジャパン

2030年までにすべてのPETボトルを100%サスティナブル素材に切り替える──。この高いハードルに挑むコカ・コーラ ボトラーズジャパンでは、目標達成に向けたさまざまなプロジェクトを進行中だ。使用済みPETボトルを「資源」として扱う同社の取り組みの一部を紹介する。

 身近なPETボトルのあり方が変わろうとしている。背景にあるのは、飲料メーカーなどによる多様な取り組みだ。なかでも、日本コカ・コーラと全国5社のボトラーなどで構成されるコカ・コーラシステムは、グローバルビジョン「World Without Waste(廃棄物ゼロ社会)」に基づき、「設計」「回収」「パートナー」の3本柱からなる「容器の2030年ビジョン」を策定。2019年には早くも目標達成期限を前倒しするなど、順調に成果を上げている。

 同ビジョンの目標は、2030年までにすべてのPETボトルを100%サスティナブル素材に切り替え、販売する製品と同等量の容器を100%回収・リサイクルすること。これらを実現するため、コカ・コーラ ボトラーズジャパンでは、3本柱を体現する取り組みをしている。

 まず「設計」については、台湾の繊維大手である遠東新世紀との再生PETボトル原料の共同開発がある。これは、再生PET樹脂製造で世界シェア2位の規模を誇る同社のケミカルリサイクル技術、「TopGreen ChemCycle(トップグリーンケムサイクル)」を活用したPETボトルの製品化プロジェクト。同技術を使い、使用済みPETボトルを、新しいPET樹脂原料と同レベルの原料に変換することで、従来から使用しているPETボトル用原料と同等の品質および安全性を実現する。トップグリーンケムサイクルによる、再生PET原料を使ったPETボトル製品は世界初で、すでに「い・ろ・は・す 天然水」など一部の商品で試験販売を展開中だ。

 「回収」においては、ウエルシアホールディングスと共にPETボトルリサイクルに関する実証プロジェクトを実施。栃木県小山市内11店舗(2020年11月現在)のドラッグストア「ウエルシア」店頭にPETボトルの回収ボックスを設置し、回収後は新たなPET原料としてリサイクルする「ボトルtoボトル」の仕組みを共同で構築するのが狙いだ。2021年3月には、対象地域・店舗を拡大した本格展開を予定している。

 同社が「パートナー」とするのは、企業や業界団体だけではない。2020年10月には、東京都東大和市との「地域活性化包括連携協定」を締結。その一環として、市内に「PETボトル自動回収機」を設置し、「ボトルtoボトル」を促進する。地域に根ざした同社の活動は、住民のリサイクル意識向上の観点からも期待されているようだ。

市民・事業者・行政が一体となり、着実な容器回収・リサイクルスキームの構築を実現している

 2030年に向け、着々とPETボトル改革を進めるコカ・コーラ ボトラーズジャパン。その実現が、より持続可能な社会への大きなステップとなることは間違いない。

■お問い合わせ先
コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

この記事はシリーズ「Instant Topics」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。