全5734文字

 人気を博した懐かしの企画について、執筆者本人に舞台裏を聞く本コラム。第6回は「日経ビジネス電子版(旧日経ビジネスオンライン)」に2017年3月21日に公開された「電車で異常にもたれかかってくる人の末路」だ。これも電車の車内ではよく目にする光景だ。我慢できなくなった人が肩で押し返す様子を目撃したことがある人も少なくないだろう。筆者の鈴木信行副編集長とともに、内容を振り返る。

(聞き手は山崎良兵)

   

「あの企画の舞台裏」第6回は、2017年3月21日に公開された「電車で異常にもたれかかってくる人の末路」です。これまた、電車で通勤する人の多くが一度は、不快な思いをしたことがある話だと思いますが。

筆者:今、通勤電車の中にいてスマホでこの記事を見ている方はぜひ、横の人にもたれかかって寝ている人を見ながら読むと、臨場感倍増です。

電車の車内では異常にもたれかかってくる人にしばしば遭遇する(写真:PIXTA)

前回(「なぜ電車で『中ほど』まで進まないのかの舞台裏」)から持ち越した「電車で異常にもたれかかってくる人」は同窓会に行くか行かないかも興味深いところ。まずは記事を改めて振り返りましょう。2017年3月21日公開「電車で異常にもたれかかってくる人の末路」です。どうぞ。

電車で異常にもたれかかってくる人の末路
ランスタッド EAP総研の川西由美子所長に聞く
2017年3月21日

 

 世界的にも最悪レベルにあるといわれる日本の通勤ラッシュ。ただでさえストレスフルな環境の不快指数をさらに高めているのが、電車の中での様々なマナー違反だ。日経ビジネスオンラインでは2014年、その代表格として「電車で中ほどまで進まない人々」に着目。心理学のスペシャリスト・川西由美子氏の力を借り、「中ほど」まで進まない人間には“脳の回路”にある種の欠陥があることなどを解明。大きな反響を呼んだ。

 だが、電車の中の環境を悪化させている人は、まだまだいる。例えば、「隣の人に異常にもたれかかってくる人」もその一例だ。悪気はないのも、疲れているのも分かる。が、サービス残業が当たり前の日本社会で疲労しているのは皆同じ。どんなに疲れていても姿勢正しく座っている人もいる。電車で異常にもたれかかってくる人の末路について、川西氏に話を聞いた。

(聞き手は鈴木信行)

川西由美子(かわにし・ゆみこ)
オランダに本社を置き、世界39の国と地域に拠点を持つ総合人材サービス企業、ランスタッドのEAP総研所長 兼 ビヘイビアルヘルス(行動健康科学)コンサルタント。臨床心理学と産業組織心理学が専門で、病院内のストレスドックや、企業向けには安全文化や品質向上のコンサルテーションも手がける。海外ではベトナムやインドネシアの企業に対し、組織再編時のチーム力向上講演も行う。小児がんの子どものための活動、認定NPO法人ゴールドリボンネットワーク理事を務める。

というわけで、2014年以来のご登場です。前回は「電車で中ほどまで進まない人」を分析していただきました(「なぜ電車で『中ほど』まで進まないのか~気の利かない人が増えた理由~」)。今回は「電車で異常にもたれかかってくる人」がテーマです。

川西:実は私が「結構もたれかかるタイプ」なんです(笑)。電車で移動する時に座ってしまうと段々眠くなり、時には、右へ左へゆらゆらと、「起き上がりコボシ」のようになってしまい、隣の人に押し返されることもしばしばです。もたれないようにしてはいるのですが。気が付くと目的地、ということもよくあります。

どうなんでしょう。「電車で中ほどまで進まない人」については、「“脳の回路”にある種の欠陥があり、気を利かせる力が低い」などの仮説が並び、「そういう人は厳しい企業社会で生き残るのは難しい」との読後感を読者に残しました。同様に、電車で異常にもたれかかる人も、「体力・精神面で、企業戦争を生き抜くためのたくましさがない人材」のような気がするんですが。ご本人を目の前にしてなんですが。

川西:私は必ずしもそうは思いません。むしろ電車の中で色々考え事をしながら起きている人より、厳しい企業社会に適応し、新しい発想やアイデアが出やすい人ではないかと考えています。

ついに解明、電車でもたれかかってくるメカニズム

えええ。公衆の面前で前後不覚に陥るのに?

川西:まず、なぜ電車で座ると横の人にもたれかかるほど寝てしまう人がいるのか、脳のメカニズムの観点から説明します。生きている人間の体の中には、細胞活動に伴う微弱電流が流れています。脳細胞の電気的活動を記録したのが脳波です。

波の形になっていますよね。

川西:そうです。極めて簡単に言うと、脳波は起きている時は早く、眠る時は遅くなります。起きている時はベータ波と呼ばれる波が主流で、1秒間に13回以上振動します(13Hz以上)。目を閉じるとアルファ波(8~13Hz)、眠るとシータ波(4~8Hz)が現れ、深い睡眠に入るとデルタ波(4Hz以下)が強く見られるようになります。

なるほど。寝ると脳波は遅くなる、と。

川西:一方で、人間の脳には「同調作用」というものがあります。

えーと「ガタンゴトン、ガタンゴトン…」と、割合ゆっくりしたリズムだから1秒だと2回? 起きている時の脳波は1秒に13回だったから、電車の揺れに同調するとなると脳波も13Hzからぐぅっと下がってくる?

川西:そうです。健康な人は電車で座り、目をつぶると、脳波はベータ波からアルファ波、シータ波に切り替わり、どんどん眠くなる。電車で横の人にもたれかかるほど寝てしまう人は、その下のデルタ波が現れているはずです。シータ波が出て以降の状態を「ノンレム睡眠」と言って、人体の25%のエネルギーを使う脳を休息させる最大のチャンスとなります。