全6778文字

日経ビジネス、同電子版(旧日経ビジネスオンライン)で人気を博した懐かしの企画について、執筆者本人に舞台裏を聞く本コラム。第3回は「日経ビジネス」1992年12月21日・28日号に掲載された「コニカ 『撮りっきり』を小型化 シェア奪回の突破口に」だ。情報として古過ぎると言うなかれ。デジタルカメラが生まれる前の昔、レンズ付きフィルムという当時の成長市場を舞台に、コニカ(現コニカミノルタ)が巨人・富士写真フイルム(現富士フイルム)に挑んだ死闘は、「商品開発とは何か」を考える上で様々な気付きを今なお与えてくれる。筆者の鈴木信行副編集長とともに、内容を振り返る。

(聞き手は山崎 良兵)

「あの企画の舞台裏」第3回の題材は、「日経ビジネス」1992年12月21日・28日号に掲載された「コニカ 『撮りっきり』を小型化 シェア奪回の突破口に」です。って、いくらなんでも古過ぎるでしょうが(笑)。ほぼ30年前の記事じゃないですか。

筆者:ほぼ新人の時に書いた記事です。

だいたい今の若い人はデジカメやスマホカメラの世代で、富士フイルムの「写ルンです」のような「レンズ付きフィルム」に触ったことすらないのでは。そもそも2019年の今、「撮りっきりコニカ」のヒットの秘密を知りたいと思う日本国民が何人いると思っているんですか(笑)。

「写ルンです」は根強い人気で、今も市販されている! (写真:PIXTA)

筆者:一方で、経営や商品開発の本質は20~30年では変わらないとも聞きますよね。

まあ。では見てみますか。「日経ビジネス」1992年12月21日・28日号に掲載された「コニカ 『撮りっきり』を小型化 シェア奪回の突破口に」です。どうぞ。いくらなんでも古過ぎると思うけどなあ……。

マーケティング
「コニカ 『撮りっきり』を小型化 シェア奪回の突破口に」
(1992年12月21・28日号)

(書き手は鈴木信行)

 4月に発売したレンズ付きフィルム「撮りっきりコニカMiNi」がヒット、販売網を広げている。富士写真フイルム(以下、富士写)にシェアを逆転されてから40年、ようやく追撃の突破口がみえてきた。

 コニカがレンズ付きフィルムで富士写真フイルムの販売網の一角を突き崩した。今年4月、従来品より一回り小さいことを売りに発売した「撮りっきりコニカMiNi」が、富士写の独壇場だったコンビニエンスストアや観光地などの販売ルートに食い込んだからだ。

 コンビニはレンズ付きフィルムの主要販売チャネル。国内で販売される年間6000万本のレンズ付きフィルムの約2割を売る。にもかかわらず昨年までコニカ製品は、ローソン、サンチェーンというダイエー系列の2チェーン以外ほとんど置かれなかった。ところが「MiNi」は、発売後4、5カ月でセブン-イレブンなど大手10チェーンが取り扱いを開始。現在、全国2万数千あるコンビニの7割の店舗で売られている。

 同じく全本数の2割が売れる観光地でも、富士写の「写ルンです」しか 置かなかった売店やキオスクが秋以降、一斉に「MiNi」を店頭に並べ始めた。ほとんど見かけなかった専用自動販売機も、首都圏近郊のテーマパークなどを中心に、設置台数が1000台にまで 急伸。来年も関西地区を中心に、新たに数百台設置する予定だ。

 カメラ専門店や量販店など既存ルートでも状況は同じ。ヨドバシカメラなど大型店では、昨年までコニカのレンズ付きフィルムの店頭構成は1~2割程度だったが、現在、5割近くまで上昇している。

「写ルンです」と明確に差異化 売れ行きはほぼ互角との声も

 販売網の拡充に伴い、売り上げも増加。レンズ付きフィルム全体の1992年度の売上高は、91年度に比べ50%増え、150億円を超えそうだ。昨年までは従来品の「ナイスショット」に「パノラマメイト」を合わせても、月産80万本がやっとだったが、現在 「MiNi」だけで月産120万本を超える。来春までにはこれを160万本に引き上げる。