こうした動きはビジネスの多方面に影響があります。例えばIT企業は拠点のある国で法人税を払っていないとの批判があります。欧州連合(EU)では罰金を払う企業が出ました。税金の安い国に本社を置く企業は、あらゆる課税逃れの機会を探すものです。

 米グーグルや米ウーバーなどのプラットフォーマーは、製品サービスを展開する場所で存在感を高めてきましたが、経営の拠点は一カ所です。多国展開するなら社会・地域に対しもっと責任を果たすべきで、今後はそう求められるでしょう。各国に適応して、もっと地域共同体に根付く必要があるでしょう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り679文字 / 全文1723文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題