全3398文字

 美しいパスサッカーと圧倒的な強さで、世界中のファンを魅了するスペインのFCバルセロナ。このクラブの強さの秘密を「組織文化」の観点からひもといた『FCバルセロナ 常勝の組織学』(日経BP)が2019年6月に発売された。

 なぜ、バルサ(FCバルセロナの愛称)のプレーは、いつの時代も変わらずに美しいのか。なぜ、栄枯盛衰の激しいプロ・スポーツの世界で勝ち続けることができるのか。

 その「解」を、本書の著者であり、スポーツ心理学者兼組織改善コンサルタントのダミアン・ヒューズ氏は「クラブのアイデンティティーとして関係者全員が共有する、高い成果を継続的に生み出す文化」、つまり「ハイパフォーマンス文化」にあると分析する。

 では、企業組織がバルサのような文化を醸成するには、どうすればいいのか。

 『FCバルセロナ 常勝の組織学』の日本語版解説を手掛けた日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターの中竹竜二氏は、実際にバルセロナを訪れてバルサ関係者らへの取材を敢行。さらにスペイン発祥の世界トップクラスのビジネススクールIESEで戦略やリーダーシップ論を教え、FCバルセロナの経営に参画する教授陣らに取材。本連載の7回目と8回目では、中竹氏が彼らにインタビューした内容を紹介する。(取材・構成/山内 宏泰)

日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターの中竹竜二氏(写真手前)がバルセロナ現地で、IESEビジネススクールで戦略やリーダーシップ論を教えるマイケル・リアド教授(写真奥右)と、ラーニングイノベーションユニットのディレクターのマーク・ソスナ氏(写真奥左)をインタビューした

中竹氏(以下、中竹):インタビューの前編で、FCバルセロナ(以下、バルサ)の強さの根幹を支えているのが、「オープン・イノベーション」だとおっしゃいました。貪欲に外から学ぶ姿勢があるからこそ、バルサは進化をし続けている。そしてその姿勢そのものが、組織の文化ともなっている、と(詳細は「オープン・イノベーションで『外』から強さを学んだバルサ」)。

 日本でも最近はオープン・イノベーションが注目を集めています。多くの企業が外部の文化を取り入れようとしており、バルサから学びたいとも思っています。

リアド教授(以下、リアド):イノベーションは往々にして、外部に目を向けることで起こせるものです。バルサのプレーの根幹も、オランダのチームからの刺激によって築かれたものだったわけですから。

ソスナ氏(以下、ソスナ):それが、トータルフットボールという戦術です。

リアド:トータルフットボールとは、ポジションが流動的で、誰もが攻守のどちらもするという戦術です。バルサは選手の才能をうまくつかみ、組み合わせて戦術を機動させています。

 これは、サッカーの世界では非常に革新的なものでした。けれどバルサはこの新しい戦術を真摯に学び、取り入れ、現在の隆盛を手に入れたのです。

中竹:つまり「学び」がキーワードだった、と。

リアド:多くの人が学び、そして成長したいと思っています。それはサッカーのみならず、仕事でも共通して言えることです。「学び」は、仕事に生かされるだけでなく、人の成長にも作用します。

 個人としても組織としても、バルサは成長したいと常に願っており、選手を育てることは未来を育むことだと考えています。