全2445文字

 美しいパスサッカーと圧倒的な強さで、世界中のファンを魅了するスペインのFCバルセロナ。このクラブの強さの秘密を「組織文化」の観点からひもといた『FCバルセロナ 常勝の組織学』(日経BP社)が2019年6月に発売された。

 なぜ、バルサ(FCバルセロナの愛称)のプレーは、いつの時代も変わらずに美しいのか。なぜ、栄枯盛衰の激しいプロ・スポーツの世界で勝ち続けることができるのか。

 その「解」を、本書の著者であり、スポーツ心理学者兼組織改善コンサルタントのダミアン・ヒューズ氏は「クラブのアイデンティティーとして関係者全員が共有する、高い成果を継続的に生み出す文化」、つまり「ハイパフォーマンス文化」にあると分析する。

 では、企業組織がバルサのような文化を醸成するには、どうすればいいのか。

 『FCバルセロナ 常勝の組織学』の日本語版解説を手掛けた日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターの中竹竜二氏は、実際にバルセロナを訪れ、バルサ関係者らへの取材を敢行。本連載では現地・バルセロナでの取材から見えてきた「文化の育み方・守り方」を紹介する。

(取材・構成/山内 宏泰)

FCバルセロナに取材した日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターの中竹竜二氏(撮影/竹井 俊晴、ほかも同じ)

前回はFCバルセロナには、謙虚に学び続ける文化、つまりはラーニングカルチャーが根付いているというお話をうかがいました(詳細は「あなたは自己開示し、自分の哲学を語れるリーダーか」)。「謙虚に学ぶ姿勢」を保っていられる要因はやはり、アイデンティティーをかけて闘ってきた歴史にあるのでしょうか。

中竹氏(以下、中竹):そうでしょうね。一旦、アイデンティティーを失ってしまった歴史上の体験、その恐怖が根底にあるのだと思います。

 逆境を経て取り戻した民族としてのアイデンティティーを、絶対に守り続けなければという強い思いが彼らにはある。だから調子に乗ってはいけないし、いま何をしなくてはいけないかを、常に問うている。

 そういえば練習場を見に行った時、グラウンドの上でカタルーニャ語が多く使われているのも新鮮でした。みんなできるだけカタルーニャ語を話そうしているようなんです。

 なぜなら、それがアイデンティティーだから。民族を維持するために内に閉じるのではなく、オープンに外へ開いていくのがカタルーニャの文化なんです。

 FCバルセロナを創設したのは外からやって来たスイス人ですし、バルサのサッカーの内容を劇的に変えたのはヨハン・クライフというオランダ人です。そしていま、バルサで中心選手として君臨しているのは、アルゼンチンから来たリオネル・メッシですよね。

 民族がどうであるというのは関係なく、自分たちにとって一番いいものは何かを探求し、躊躇(ちゅうちょ)せずに取り入れていく。このオープンな姿勢も、常に学ぼうとする力とともにバルサの文化の強さじゃないかと、リアド教授も言っていましたよ。