美しいパスサッカーと圧倒的な強さで、世界中のファンを魅了するスペインのFCバルセロナ。このクラブの強さの秘密を「組織文化」の観点からひもといたのが『FCバルセロナ 常勝の組織学』(日経BP)が2019年6月に発売された。


 なぜ、バルサ(FCバルセロナの愛称)のプレーは、いつの時代も変わらずに美しいのか。

 なぜ、栄枯盛衰の激しいプロ・スポーツの世界で勝ち続けることができるのか。


 その「解」を、本書の著者であり、スポーツ心理学者兼組織改善コンサルタントのダミアン・ヒューズ氏は、「クラブのアイデンティティーとして関係者全員が共有する、高い成果を継続的に生み出す文化」、つまり「ハイパフォーマンス文化」にあると分析する。


 企業文化と成長の因果関係を調べた米スタンフォード大学経営大学院の研究によると、あらゆる組織は次の5つに大別され、それぞれの文化も異なるという。


  • ✔スター型(サッカークラブの例:レアル・マドリード)
  • ✔独裁型(例:チェルシーFC)
  • ✔官僚型(例:リバプールFC)
  • ✔エンジニアリング型(例:ボルシア・ドルトムント)
  • ✔コミットメント型(例:FCバルセロナ)

 そしてこの中でも、最も安定して成功を収めるのが「コミットメント型」の文化を持つ組織だった。では企業組織が、バルサのような「常勝の文化」を生み出すには、どうすればいいのだろうか。


 『FCバルセロナ 常勝の組織学』の解説を手掛けた日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターの中竹竜二氏は、実際にバルセロナを訪れ、バルサ関係者らへの取材を敢行。そこから見えてきた「文化の育み方・守り方」を紹介する。


 企業が何よりも生み出したい「常勝の文化」はいかに育まれていくのか。本連載ではそのエッセンスを紹介しよう。