全4523文字

 起業家から大企業の経営幹部、気鋭のプロフェッショナルらが愛読するベストセラー漫画『キングダム』(原泰久著、集英社)。累計発行部数は4500万部を突破し、この春には映画化もされた。

 中国の春秋戦国時代を舞台に、類いまれなる武力を持つ戦災孤児の主人公・信(しん)が、中華統一を目指す秦の若き王・嬴政(えいせい)の下で、天下の大将軍を目指すストーリーに、多くのファンが魅了されている。

 兵を率いるリーダーシップ、数千人、数万人規模の兵をまとめる組織づくり、部下を育てる人材育成、そして戦略や作戦、戦術の練り方など――。多くの学びが、『キングダム』には盛り込まれている。

 本連載では、『キングダム』を愛読する起業家から大企業の経営幹部、気鋭のプロフェッショナルらに取材。『キングダム』から何を学び、どう経営に生かしているのか聞いた。

 連載12回目に登場するのは、中小企業の経営者や幹部層を対象に、組織運営に関するコンサルティング業務を手掛ける識学(しきがく)の安藤広大社長だ。同社の組織運営メソッド「識学」は、人間の意識構造に着目した理論で、同社大株主の福冨謙二氏が発明。リーダーが自分の言動を変えて組織の誤解を防ぎ、生産性を高めるのが売りだ。2015年に創業し、4年後の2019年に東証マザーズに株式上場した急成長企業のトップは、『キングダム』から何を学んでいるのだろうか。(構成/井澤 梓)。

安藤広大(あんどう・こうだい)氏
識学社長。1979年大阪府生まれ。2002年早稲田大学卒業後、NTTドコモに入社。2006年ジェイコムホールディングス(現ライク)入社。主要子会社のジェイコム(現ライクスタッフィング)で取締役営業副本部長などを歴任。2013年に「識学」を知り、独立。識学の講師として数々の企業の業績向上に寄与し、2015年には会社として識学を設立。2019年東証マザーズに上場した。(撮影/竹井 俊晴、ほかも同じ)

安藤社長は、独自の組織運営メソッド「識学」を、企業の経営者や幹部に教えるなどのコンサルティングを手掛けています。『キングダム』のファンでもあると伺いましたが、識学と『キングダム』の共通点はありますか。

安藤氏(以下、安藤):僕は仕事柄、『キングダム』で描かれる将軍たちのリーダーシップや組織運営が、識学的にアリかナシかという視点で読んでいます。

 ストーリーが面白くて、気づくと漫画に没入して涙していたりするんですが(笑)、識学的に描かれている内容がアリかナシかというと実は合わない部分もいくつかあるんです。

 象徴的なのが、キングダムでは将軍が生死をかけて最前線で戦いますよね。重要な意思決定を下すリーダーが、自分の命を危険にさらす。ともすれば、部隊そのものが滅亡しかねません。

 その代表格が主人公の信でしょう。そして彼が率いる部隊「飛信隊(ひしんたい)」は兵たちも強いけれど、信の武力が圧倒している。

 これを会社経営に置き換えると、トップが誰よりも営業成績を上げている状況と言えます。確かに中小企業では社長本人のトップ営業で回っているケースが多いのも事実です。ただ本質的に、営業と経営は異なるスキルが求められます。そして経営者の本来の仕事は部下を育て、彼らが力を発揮できる環境をつくること。いつまでも第一線でトップ営業をしていては、いけないんです。

 こういった部分は、純粋に漫画として面白いと思う一方、企業経営とは少し違うかな、と感じています。

では安藤さんは最前線には出ない、と。

安藤:今はもう出ません。ただ実は、僕も識学に出合う前の会社員時代は、信に憧れていたんです。信こそリーダーの鏡だと思っていた。