起業家から大企業の経営幹部、気鋭のプロフェッショナルらが愛読するベストセラー漫画『キングダム』(原泰久著、集英社)。累計発行部数は4500万部を突破し、この春には映画化もされた。

 中国の春秋戦国時代を舞台に、類いまれなる武力を持つ戦災孤児の主人公・信(しん)が、中華統一を目指す秦の若き王・嬴政(えいせい)の下で、天下の大将軍を目指すストーリーに、多くのファンが魅了されている。

 兵を率いるリーダーシップ、数千人、数万人規模の兵をまとめる組織づくり、部下を育てる人材育成、そして戦略や作戦、戦術の練り方など――。多くの学びが、『キングダム』には盛り込まれている。

 本連載では、『キングダム』を愛読する起業家から大企業の経営幹部、気鋭のプロフェッショナルらに取材。『キングダム』から何を学び、どう経営に生かしているのか聞いた。

 今回、登場するのは、個人投資家としても著名な千葉功太郎氏が主催する起業家向けのコミュニティー「千葉道場」に参加する経営者の中でも、特に『キングダム』が好きな5人の若手起業家たち。普段から多様な課題に直面し、挑戦を重ねる起業家たちは、『キングダム』の何に影響を受け、励まされてきたのか。座談会の前編では作中に登場するキャラクターの誰に共感するのか、などについて話を聞いた(詳細は、若き起業家が語り尽くした「僕たちは『キングダム』で経営を学んだ」)。後編は『キングダム』で学んだ経営を日ごろどのように実践しているのかについて。5人はそれぞれの方法で『キングダム』の教えを生かしていた。

 参加したのは、オーダースーツ販売FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)の森雄一郎CEO(最高経営責任者)、公共施設や店舗のWi-Fi接続アプリを手掛けるタウンWiFiの荻田剛大CEO、日本最大級の留学サイトを運営するSchool With(スクールウィズ)の太田英基CEO、AI(人工知能)を活用した人と組織の相性が見えるサービスを提供するミツカリの表孝憲代表、そしてホテル経営の分析などを手掛ける空(そら)の松村大貴CEO。(構成/井澤 梓)

左から、オーダースーツ販売FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)の森雄一郎CEO(最高経営責任者)、公共施設や店舗のWi-Fi接続アプリを手掛けるタウンWiFiの荻田剛大CEO、日本最大級の留学サイトを運営するSchool With(スクールウィズ)の太田英基CEO、AI(人工知能)を活用した採用担当者と応募者のマッチングシステムを提供するミツカリの表孝憲代表、ホテル経営の分析などを手掛ける空の松村大貴CEO(撮影/竹井 俊晴、ほかも同じ)
左から、オーダースーツ販売FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)の森雄一郎CEO(最高経営責任者)、公共施設や店舗のWi-Fi接続アプリを手掛けるタウンWiFiの荻田剛大CEO、日本最大級の留学サイトを運営するSchool With(スクールウィズ)の太田英基CEO、AI(人工知能)を活用した採用担当者と応募者のマッチングシステムを提供するミツカリの表孝憲代表、ホテル経営の分析などを手掛ける空の松村大貴CEO(撮影/竹井 俊晴、ほかも同じ)

普段、経営判断を下すときに役立っている『キングダム』のシーンはありますか。

ミツカリの表孝憲代表(以下、表):スタートアップですから、弱いなりにそれぞれの部隊が戦う方法に面白みを感じています。特に僕は斉(さい)の国王、斉王建が下した決断に魅了されました。

ミツカリの表孝憲代表
ミツカリの表孝憲代表

 春秋戦国時代、中国大陸には7つの国が群雄割拠していました。その中でも東端にある斉の国は、ほかの6カ国に比べて決して大きくはありません。国力も『キングダム』の時代では、さほどない。つまり7カ国の中で、ここから斉が主導して中華を統一するのは難しい。それも周辺国の状況によって、自国の立ち位置は刻々と変わる。

 そんな中で斉王建は、一国を率いるリーダーとしてある大きな決断を下した。

 スタートアップの世界も目まぐるしく競争環境が変わります。どこで、どんな決断を下すのか。それはどのように考えて決めるのか。斉王建の決断には、いくつもの学びがあります。

School With(スクールウィズ)の太田英基CEO(以下、太田):みんなも好きでしょうが、秦の周辺6カ国がタッグを組んで合従軍をつくり、一斉に秦に攻め込んでくる戦争のシーンには心が震えますよね。

School With(スクールウィズ)の太田英基CEO
School With(スクールウィズ)の太田英基CEO

 何よりも僕は、ギリギリのタイミングで、秦の国を助かる瞬間に感動しました。スタートアップの例で言うと、あれはまさに資金繰りなんです。

 キャッシュアウト寸前だけど、ひょっとすると投資が決まるかもしれない。そんなきわどい状況って時々ありますよね。ギリギリ耐えているような場合です。そんなときにエンジェル投資家が現れる(笑)。これはもう、経験した人しか分からないでしょうが、全身に鳥肌が立つはずです。

続きを読む 2/3 戦略よりも実は重要な「兵たん」