全4298文字

 起業家から大企業の経営幹部、気鋭のプロフェッショナルらが愛読するベストセラー漫画『キングダム』(原泰久著、集英社)。累計発行部数は4500万部を突破し、この春には映画化もされた。

 中国の春秋戦国時代を舞台に、類いまれなる武力を持つ戦災孤児の主人公・信(しん)が、中華統一を目指す秦の若き王・嬴政(えいせい)の下で、天下の大将軍を目指すストーリーに、多くのファンが魅了されている。

 兵を率いるリーダーシップ、数千人、数万人規模の兵をまとめる組織づくり、部下を育てる人材育成、そして戦略や作戦、戦術の練り方など――。多くの学びが、『キングダム』には盛り込まれている。

 本連載では、キングダムを愛読する起業家から大企業の経営幹部、気鋭のプロフェッショナルらに取材。『キングダム』から何を学び、どう経営に生かしているのか聞いた。

 連載4回目に登場するのは、住宅向けITプラットフォームサービスを提供するSOUSEI Technologyの乃村一政社長。住宅ビルダーとして奈良県などで成功を収めた乃村氏は、同じ住宅業界を舞台に、今度は住宅向けのITプラットフォームを手掛けるスタートアップを設立。元お笑い芸人という異色のキャリアながら、住宅業界で存在感を高めつつある。

 インタビュー前編で、乃村氏は、野盗出身という異色の経歴の将軍・桓騎(かんき)のマーケティングセンスを絶賛(詳細は「『キングダム』将軍の桓騎こそ希代のマーケター」)。後編で乃村氏は、秦国の中でも素性が分かりづらい将軍、王翦(おうせん)について語る。彼は王翦の姿から、「しないと決めたことは絶対にしない」というリーダーの姿勢を学んだという。

(構成/井澤 梓)

乃村一政(のむら・かずまさ)氏
1976年奈良県生まれ。高校卒業後、吉本興業で芸人活動を経て、2006年ディアホームに入社。54区画の街づくりの総責任者として実績を挙げ、2010年にSOUSEI 設立。注文住宅受注数で地域ナンバーワンのビルダーに成長すると同時に、ITで住宅機能を促進させるための技術開発を進める。マイホームの情報をスマホで簡単に管理できるアプリ「knot(ノット)」と中小工務店向けの住宅用OS「v-ex(ベックス)」を開発。2018年4月、全国展開を発表。IoT(モノのインターネット)と住宅を結ぶスマートホームの分野で注目される。2018年8月、住宅向けITプラットフォームサービスを手掛けるSOUSEI Technologyを設立(撮影/竹井俊晴)

インタビューの前編で乃村さんは、『キングダム』に登場する将軍・桓騎(かんき)が、経営者として見たときにいかに優れているのか、解説してくれました(詳細は「『キングダム』将軍の桓騎こそ希代のマーケター」)。乃村さんご自身は作中のどのキャラクターに感情移入するのでしょう。

乃村氏(以下、乃村):自分がどのキャラクターに似ているかというと、主人公の信(しん)だと思います。こう言うと「オレは主人公になりたいんだ!」と誤解されそうで恥ずかしいのですが(笑)。

 そうではなくて、信の異常なまでのポジティブさや失敗を恐れない部分が、似ているなと感じているんです。僕の強みは困難に対する鈍感さなので。

 事業をやっていると、起こることの99%が困難です。けれど僕は、その困難に対する耐性が強い。

 そもそも普段から、「引く」とか「参る」「降参する」という選択肢がないので、目標をクリアする方法だけを純粋に考えています。

 常に困難を乗り越えるための打ち手を考え続けて、万が一、倒れることがあっても前のめりでありたいなあ、と。

 ただスタートアップの経営では、ヒト・モノ・カネのいずれも足りません。限られた資源を有効活用しなければならないのに、いつも社長が最前線に立って、思いつく限りの打ち手を片っ端から実践して、勝手に倒れたら迷惑ですよね(笑)。

 だから経営者としては、信のように最前線で戦うばかりではいられない。そう思って最近は自分を変革しているところです。

具体的にはどういう部分で変革しているのでしょう。