全3758文字

 起業家から大企業の経営幹部、気鋭のプロフェッショナルらが愛読するベストセラー漫画『キングダム』(原泰久著、集英社)。累計発行部数は4000万部を突破し、この春には映画化もされた(映画『キングダム』)。

 中国の春秋戦国時代を舞台に、類いまれなる武力を持つ戦災孤児の主人公・信(しん)が、中華統一を目指す秦の若き王・嬴政(えいせい)の下で、天下の大将軍を目指すストーリーに、多くのファンが魅了されている。

 兵を率いるリーダーシップ、数千人、数万人規模の兵をまとめる組織づくり、部下を育てる人材育成、そして戦略や作戦、戦術の練り方など――。多くの学びが、『キングダム』には盛り込まれている。

 本連載では、キングダムを愛読する起業家から大企業の経営幹部、気鋭のプロフェッショナルらに取材。『キングダム』から何を学び、どう経営に生かしているのか聞いた。

 連載3回目に登場するのは、複業研究家の西村創一朗さん。「二兎(にと)を追って二兎を得られる社会をつくる」というメッセージを掲げて、副業ならぬ“複業”プラットフォーム「HARES」を運営する西村氏は、学生時代から『キングダム』を愛読していた。会社員を経て独立した後、作品から数々の学びを得ているという。インタビューの前編では大将軍・王騎(おうき)から学んだマネジメント術について聞いた(詳細は「『キングダム』王騎に学び、『社長のかばん持ち』で人を育てる」)。後編は、作中に登場するある地味な人物から西村氏が教えてもらった経営の極意について、話を聞いた。(構成/井澤 梓)

西村創一朗(にしむら・そういちろう)氏
HARES代表取締役 1988年生まれ。首都大学東京卒業後、リクルートキャリアに入社し、法人営業・新規事業開発・人事採用を担当。本業の傍ら、自身の会社HARESを設立し、パラレルキャリアの実践と普及を促進する個人・企業向けコンサルタントとして活躍する。2017年に独立。経済産業省「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」委員(2018年3月まで)。著書に『複業の教科書』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。(撮影/古立 康三、ほかも同じ)

インタビューの前編では、西村さんが大将軍の王騎(おうき)の姿から、部下や後輩の育成方法について学んでいると聞きました(詳細は「『キングダム』王騎に学び、『社長のかばん持ち』で人を育てる」)。ほかにも『キングダム』から学んだことはありますか。

西村氏(以下、西村):ビジネスに生かせると思ったのは、ある戦いのシーンです。

 山間部に暮らし、野性的な戦いでレベルの高い武力を発揮する山の民の王・楊端和(ようたんわ)は、かねてより協力関係を構築している秦の国王・嬴政(えいせい)の窮地を救いに来てくれます。

(©原 泰久/集英社)

 ここで僕が学んだのは、「つながること」の大切さです。

 マーケティングの世界には「3C」という言葉があります。「Customer(顧客)」「Competitor(競合)」「Company(自社)」という3つのCから市場環境を分析すべきだ、という話です。

 けれど僕は、これは本来「4C」だと思っています。そして4つ目のCが「Community(コミュニティー)」、つまり、つながりの力だと思っているんです。自社でもなく、ライバルでもなく、顧客でもないけれど、自社のことを応援してくれる存在を見つけたり、つくったりしていくこと。

 最近だと「コミュニティー・マーケティング」とか「ファン・マーケティング」などといわれたりしますよね。直接の利害関係はないけれど、ビジョンや思いを共有して、ともに戦う仲間づくり。これを怠らないことがビジネスでは大事なんだと思います。

 そして、そんな存在が『キングダム』の世界では山の民なのだと思います。