老将たちが背負う人々の思いの“重み”

仲山:あと古参社員としては、秦の老将・蒙驁(もうごう)にも共感します。

 秦が周辺6カ国の合従軍から一斉に攻撃を受けた函谷関(かんこくかん)の戦いで、蒙驁は夜、同じ老将の張唐(ちょうとう)と酒を酌み交わしながら、こう語ります。

 「老将には老将にしか務まらぬ役目がある」と。

 才能を求めるなら、秀でた能力を持つ現役の武将たちはたくさんいる。けれど彼らには、秦という国が消滅するかどうかの瀬戸際で、重要な国門である函谷関を守ることはできない、と蒙驁は言うんです。それはなぜか。

 彼らには、「“重み”が足りぬ」と――。

©原 泰久/集英社
©原 泰久/集英社

仲山:『キングダム』が面白いのは、登場人物の過去のエピソードが出てきて、そこから「なぜ今、彼らが戦っているのか」という動機や目的が分かるところです。

次ページ あなたの「あきらめない理由」は何ですか