2015年、住民投票にかけられた「大阪都構想」は僅差で否決されたが、20年11月、再び住民投票が実施されることとなった。投開票の結果によっては、大阪の地方自治が大きく変化することになるかもしれない。前回の投票結果は僅差で反対派の勝利だった。事前には賛成派が優位とされていたものの、賛成派が巻き返した形だ。今回の投票結果はどうなるのか。事前調査のデータを踏まえながらその行方を追う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1925文字 / 全文4184文字

【初割】月額プランが3月末まで無料

人気コラムも、特集もすべての記事が読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題