新型コロナウイルスの感染は統計の世界にも大きな一石を投じた。感染が始まった頃の感染に関するデータは混乱し、“統計”と呼べるものではなかった。今では、各メディアが各種データを掲載するウェブサイトを公開している。そこで発信される情報はどうあるべきか、またどんな問題を抱えているのか。「データジャーナリズム」の視点からコロナ時代の統計のあり方について考えてみた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3598文字 / 全文6179文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題