全3869文字

 2019年1月に世に出た話題の本『天才を殺す凡人』。本連載では著者の北野氏が、幅広い業界のキーパーソンと対談。組織やチーム、そして人間に宿る「才能」を生かす方法を探る。

 連載6回目のゲストとして登場するのは、食品メーカー大手、カゴメの寺田直行社長だ。保守的な傾向の強い食品メーカーの業界にあって、カゴメは、社員の働き方やキャリアパス、中途採用戦略など、人を巡る改革を次々に実践している。また「働き方の改革は生き方改革」と掲げ、副業を解禁したり、役員も評価を受けて報酬に反映させたりすなど、一歩先を行く取り組みを行っている。寺田社長は、改革を通してカゴメをどのような企業に変えようとしているのか。インタビュー前編では、寺田社長が掲げる「働き方の改革は生き方改革」という言葉に込めた思いについて話を聞いた(詳細は「『変化に疎い』カゴメで働き方改革が急速に進んだワケ」)。後編となる今回、カゴメの寺田社長は「社員にも転職を勧めている」と明かした。どんな思いがあるのだろうか。(構成/宮本 恵理子)

北野唯我氏(左)とカゴメの寺田直行社長(撮影/竹井 俊晴、ほかも同じ)

北野氏(以下、北野):寺田社長とお話ししていると、ものすごく仕事を楽しんでいらっしゃる様子がビンビン伝わってきます(詳細は対談前編「『変化に疎い』カゴメで働き方改革が急速に進んだワケ」)。

 きっとこれまでも、ご自分や周りの人が楽しく働ける環境づくり、それぞれの才能が発揮できる組織づくりに関心を持って、取り組まれてきたのだと想像できます。会社という組織の中で、個人の才能が生きる場面は、どうやったらつくれると思いますか。寺田社長の経験から伺わせてください。

寺田社長(以下、寺田):残念ながら、会社という組織では、天才的な才能は潰されやすいというのが現実なのでしょうね。しかし私が『天才を殺す凡人』を読んで改めて思いを強めたのは、会社を構成する一人ひとりに違った才能があり、その発揮のされ方も多様である、ということでした。

 私自身の経験を振り返ると、リーダーとして一番成長できたのは、最初に部下を持った時でした。

 35歳くらいで初めて課長になったときに持った部下が5人。能力も性格もバラバラの5人でしたが、つぶさに見ると、一人ひとりすばらしい能力を持っていると気づきました。

 そのうちの1人にA評価を付けたところ、上長から呼び出されて文句を言われたんです。「なんで愛想もないようなあいつを評価するんだ」と。悲しいかな、評価の大半は「思い込み」や「決めつけ」に左右されていたわけです。

 当時の私は反論しました。「彼の靴底を見ましたか。刑事並みにすり減っているでしょう」、と。

北野:部下の靴底まで見ていたんですか。

寺田:その部下は、口下手でアピールをあまりしないタイプでした。けれど営業成績はしっかりと上げていた。「どうやって営業しているの」と聞くと、商談が決まらなかった個店を、週末も使って回っていたことが分かったんです。

 確かに彼の担当する店を訪ねてみると、「おたくのセールスはしょっちゅう来てくれるよ」とすこぶる評価がいい。口下手でも、とにかく現場を歩いて仕事する人もいる。能力は多様であることを実感しました。

 同じように、目標の立て方や報告の仕方にも個人差があって、ある部下は明らかに見通しが甘くて、ある部下は慎重すぎるほどの慎重さで進めていく。それでも全員を組み合わせると、なぜかバランスが取れて、私の予測がピタリと当たる。人間が集まる組織は面白いものだなと心底、思いました。

北野:寺田社長のように、人それぞれの個性や能力の違いを見極め、かつ全体の調整を得意とする上司に出会えたら部下はラッキーでしょうね。

 逆に、個人の才能を殺してしまう組織のバッドアクションは何でしょう。