全6424文字

「才能を殺す組織」と「生かす組織」は何が違うのか。新卒採用のクラウドサービスを手掛けるワンキャリア(東京・渋谷)の取締役で作家の北野唯我氏が対談を通じて探っていく連載。寺田倉庫を大改革した同社前社長兼CEO(最高経営責任者)の中野善壽氏に話を聞く。今回はその後編。

中野氏は、事業売却を通じて企業向けの“場所貸し”を主とした従来型の倉庫業から、高級ワインや絵画の保管など消費者向け事業を手掛ける新しいビジネスモデルへと会社を変革。その過程で1000人ほどいた社員は約10分の1に減った。

新型コロナウイルスの感染拡大が続き、人々の価値観が大きく揺らぐ中、「会社」という組織の在り方も変わっていく可能性がある。後編は新型コロナがもたらす不安に、ビジネスパーソンはどのように向き合うべきか。「速過ぎる経済活動」と「組織の拡大」を語り合う。

前編から読む)

ワンキャリア取締役の北野唯我氏(左)と寺田倉庫の前社長兼CEO(最高経営責任者)の中野善壽氏(右)(写真:竹井俊晴、以下同)

北野唯我氏(以下、敬称略):中野さんが4月に出したばかりの著書『ぜんぶ、すてれば』を読んで一番印象に残ったのが、「少年時代に打ち込んでいた野球の試合で、監督のバントの指示に従わずに思い切りバットを振って三振した」というエピソードです。先ほどおっしゃった「自分が正しいと思うことしかしたくない」と考え方は、この頃から一貫していたのですね。

中野善壽氏(以下、敬称略):そうですね。特にあの時代の少年野球においては監督の指示は絶対的と思われていたけれど、僕にとっては正しくない指示だった。

北野:このエピソードを読んで僕がふと思ったのは、「中野さんは、子どもの頃から『いつか自分は死ぬ』と分かっていたのではないか」ということです。ある種の死生観を子どもの頃から備えていたのではないかと思ったのですが、いかがでしょうか。

中野:そうですね。本にも書きましたが、僕は家庭の事情で両親とは幼い頃に離別し、祖父母に育てられたんですね。ところが、祖母もある日突然血管が切れて亡くなってしまった。

 今でも覚えていますが、僕が小学6年生だった夏のとても暑い日のことです。その後、祖父もすぐに亡くなって僕は独りに。遠戚を頼って青森の弘前まで行ったら、まず言葉が通じないのがショックでした。3月なのに東京とは比べものにならない寒さで環境の違いも肌で感じながら、「当たり前の世界」が崩れ去ったんです。

 弘前で僕をお世話してくれていた祖母も、半年もたたないうちに亡くなってしまったことで、「人は簡単に死んでしまうんだな。明日もまた来る保証はどこにもないんだ」と考えるようになりました。

北野:大変な思いをされたんですね。

中野:一方で、僕はこういう疑問も抱いたんですよ。「人は簡単に死んでしまう。ならばどうしてこの世に生まれるのだろう? 人生の意味とは何なのか」。その答えに僕を導いてくれたのは、弘前で通っていた高校の近くにあったお寺の和尚さんのお話でした。

 「宇宙は流れ、決して止まることはない。宇宙にとっては人間の営みなどはかない存在で、喜んでも悲しんでも高が知れている」というものです。この言葉は結構印象に残って、僕の人生観に影響を与えたと思います。

 さらにいろいろな思想に触れる機会を重ねながら、「人は人を助けられない。己を助ける者のみ助かる」という考えに行き着きました。僕は宗教に詳しいわけではないですが、弘法大師・空海の思想には深く共感します。

北野:やはり。実は、中野さんの本を読んでまず浮かんだ感想が「仏教思想にとても近いな」というものでした。僕もたまたま名前が「唯我」という縁もあり、最近、仏教を勉強し始めたのですが、なんて深い知の世界なのだと没頭しているところです。