全5199文字

松本氏:この1年は抜けなくちゃいけないトンネルがあったからね。しかも、簡単なトンネルじゃなかった。

歴史が示す、あらゆるものの「分化」が進む世界

和田氏:松本さんは仮想通貨やブロックチェーンの未来を今、どう見ていますか。

松本氏:マーケットは鏡。仮想通貨やブロックチェーンの未来を考えるとき、価格の動きはその期待を表している。仮想通貨の価格が下がり、そしてまた戻ってきているということは未来を示唆しているんじゃないかな。

 恐らく2018年の秋ぐらいに過剰な資産の投げ売りがピークを迎え、マイニングマシンの領域にも逆風が吹いた。人もそう。過剰期待で集まったものがすべて投げられたのが昨年の秋だったと思う。需給調整がされた状態と言える。米国だと東海岸、つまり金融業界の人たちがこの領域に入ってきている。これから上がっていくと思う。

 でも、問題は世界的な規制の動き。クロスボーダーでデジタルコンテンツを売買してビットコインで支払ったら、各国の当局が税金を取れない。そして、一番面白いと思っているのは匿名通貨だけど、通信の秘匿にも使えてしまうため同じ技術を使ってテロ組織がコミュニケーションを取ってしまう。国は税金、安全保障の両面で介入して止めにかかるだろう。

 でも、ブロックチェーンと金融の世界がマージされていく世界を夢見ている。あらゆる金融商品は「コード」と「データ」だ。それは債券でも同じだ。計算式と数字で表される以上、あらゆる金融商品はブロックチェーンに書き換えられていくだろう。

 昔は株券も債券も紙。紙を交換することで価値が移転していたわけだから、ブロックチェーンと一緒。ブロックチェーンなら小さな価値の交換でも使えるし、未来にわたってお小遣いをプログラムすることもできるし、おばあちゃんの面倒を見たらお小遣いを払うといったプログラムにすることもできる。

(写真:山田 愼二)

和田氏:僕が個人的に面白いと感じているのは「NFT(Non Fungible Token)」です。ブロックチェーン上で動くゲームでも使われていますが、イーサリアム上にある1個しか作れないトークンです。ここの部分に今、規制がかかっていません。将来的には分かりませんが、自由度が増すことで市場として発展する可能性があるとみています。

松本氏:歴史を振り返ってみても、基本的には「分化」していくんだよね。芸能界だって人気の対象が山口百恵さんからAKB48になっていったように、分化は生物の理でもある。

 金融の世界も同じで、分化が進んでいくのは当然の流れ。レギュレーションとイノベーションは絶対に相反してしまう存在だけど、総じてブレーキをかけるのではなくて、例えば1万円以下であれば何をやってもいいといった柔軟性を持つべきだとこの前金融庁に言ったばかりだよ。