全5199文字

 マネックスグループは今年、20周年を迎えた。インターネットの黎明(れいめい)期で、かつ株式売買委託手数料の自由化が決まった1999年に創業したマネックス証券は、ネット専業証券のパイオニアと言える。

 一方、2012年創業のコインチェックは、2014年から仮想通貨交換業を始めた仮想通貨業界のパイオニア。しかし、2018年1月に仮想通貨流出事故を起こし、同年4月にはマネックスグループによる買収を受け入れた。

関連記事:コインチェック創業者・和田氏が紡ぐ「反省の弁」

 ともに新時代の幕開けに敏感で、似た遺伝子を持つ両社。だが、金融を母体とした老舗企業と技術を背景に急成長してきた新興企業は、事業内容も違えば文化も違う。今後、どのようにシナジー効果を出していくのか見えない部分も多い。

 マネックスグループ取締役会長兼代表執行役社長CEOの松本大氏と、コインチェック創業者でありマネックスグループの執行役員にも名を連ねる和田晃一良氏が、この1年を振り返りつつ、金融の未来について語り合う。

マネックスグループ取締役会長兼代表執行役社長CEOの松本大氏(以下、松本氏):マネックスグループは今年で20周年を迎えました。20年前の起業時を思い出すと、当時の敵は野村証券や郵便局など、いわゆる「体制側」。でも、今は違う。対峙しているのはオンライン証券であり、IT企業になっている。そういう意味では、この20年で大きくゲームの戦い方、競争のフレームワークが変わりましたね。スマートフォンと4Gの登場がそうさせたんじゃないかな。

コインチェック創業者の和田晃一良氏(以下、和田氏):20年を振り返って一番辛かった時期はいつですか?

松本氏:うーん、性格的なものかもしれないけど、常に今が一番厳しい(笑)。あまりアップダウンはないかな。

 でも一番うれしかったことは明確に覚えている。それは初めて法人税を払えたとき。赤字で上場して、累損を解消して、ようやく法人税を払えたときに、ようやく人間になれた気がした(笑)。当時は不良債権処理に追われた銀行が税金を払えない時期だったしね。「俺たちは払ったぜ!」と思った。

(写真:山田 愼二)

和田氏:証券業界を見て20年前と今で変化していないことはありますか?

松本氏:この数年でさらに金融の世界に急速にテクノロジーの波が押し寄せてきた。オンライン証券の世界でも、サービスが以前と比べて格段に良くなっている。取引スピード、情報量、商品のラインアップ、分析ツール、あらゆる面がけた違いに改善された。でも変わっていないものがあるんだ。

 それが投資家のマインド。投資に対する考え方は当時と比べてもさほど変わっておらず、サービスの進化に比べて投資家の厚みが増したわけでもない。

 ひとえに証券業界、官公庁、メディアなどの責任が大きい。「何のために投資すべきなのか」というディスカッションも足りなければ、啓蒙も足りなかった。

和田氏:僕はそもそも投資したことありませんでした。資産が特にあったわけでもないですし。

(写真:山田 愼二)

松本氏:僕だって35歳で起業するまで株買ったことなかったよ(笑)。

和田氏:株式投資をする際、日本に住んでいるのであればまず分かりやすく日本株を買うと思うんです。でも、若年層からすると、日本株が上がっていくイメージがないんです。米国だと次々に成長する企業が生まれていくのに、日本企業は元気がなかった。リターンが得られそうな気がしなかったんですよね。