全1348文字
米ハーバード経営大学院の気鋭の経済学者、スコット・コミナーズ准教授は、経済学とコンピューターサイエンスとビジネス理論の最先端を究める研究者。起業のタネを探すには、「摩擦」を見つけることが大切という。では、摩擦とは何か。
ラインアップ(毎週火曜日掲載)
  • 01 あなたが結婚できない理由
  • 02 市場の仕組みを設計しよう
  • 03 市場の失敗から価値を生み出そう
  • 04 「流動性のなさ」はチャンスだ
  • 05 インターネットで起業が変わった
  • 06 「キュレーション」が重要なワケ
  • 07 起業家に必要なマネジメントスキル
  • 08 クラウドファンディング活用法
※今後の内容は変わる可能性があります
>> 一覧

起業の対象は、どうすれば見つかりますか?

スコット・コミナーズ(米ハーバード経営大学院准教授):まずは、市場の摩擦がある場所を見つけることです。摩擦とは、取引を妨げるもので、互いのやりとりを困難にします。色々な形があります。

 言語の壁から商習慣まで、色々です。規制もあります。摩擦とは、起こすべき取引を、起こさせないものを指します。

 特定のものを探そうとしているのに、同質なものしかないような所には、市場の失敗がありがちです。再度デート市場を考えましょう。

 理想の相手を探すのはとても難しいものです。市場も層が薄いですね。異性とデートしたい人が大勢いても、理想の相手は見つけづらいものです。

 市場の層を厚くし、多様な人たちの情報を集約することで、画一的な市場でよく起こる情報不足を解消していきます。

この先のポイント
  • ●取引市場をつくるチャンスのある市場の特徴とは?
  • ●市場が薄い典型的な例とは?
  • ●取引市場をつくることで、市場の何を解消するのか?