全5862文字

やっぱり終身雇用はもう無理だった

麻野:日立の中西会長やトヨタの豊田社長の言葉を聞いて、大企業で働いている人たちも、「もしかしたら、ずっとこの会社で守ってもらえるのは無理かもしれない」「改めて、自分のキャリアを考えなければいけない」と思ったのではないでしょうか。

 実際にこの先、大手企業が雪崩を打つように終身雇用を手放し始めると、企業と個人を巡る関係はダイナミックに変わっていくはずです。

大企業側は薄々、気づいていたのでしょうか。「もう、終身雇用は無理だ」と。

麻野:経営サイドは分かっていたと思います。だから大手電機メーカーなどは最近、社員のことを「家族」とは言わなくなりましたよね。平成の時代に大量にリストラし、「社員は家族」という言葉が嘘だというのは、もう知られてしまいましたから。

 日本企業は本当に良くも悪くも「右向け、右」という文化が根強いですよね。そういう意味でもやはり今回の中西会長と豊田社長の発言はとても大きな影響力があったと思います。終身雇用というのは「出口」の話ですが、採用という「入口」についても、これから先は劇的に変わるはずです。

 例えば新卒一括採用の形は、どちらかというと常時採用のようなスタイルに変化するでしょうし、何よりもその前に、中途採用がもっと活発になると思っています。

就職氷河期は一生不利? それはおかしい

麻野:そもそも私の就職活動時代の話もそうですが、新卒の就職活動が氷河期と重なった人が、キャリアの機会がずっと少ないままというのはおかしな話ですよね。

 これまで企業は終身雇用で、まずは中で働く人を守ることを優先してきました。そのため景気が悪くなるとどこで調整するかというと、新卒採用の人数を調整してきたわけです。

 ただ冷静に考えれば、これは極めてアンフェアな話ですよね。本来ならば成果を出せていない人が減るべきなのに、なぜか新卒が割を食っていたわけです。

 ただこれも、終身雇用が消滅していくと変化するはずです。成果の出せない人の給料や評価が下がり、いつか辞めるかもしれません。そうしたらその分、新卒の若い人を雇うこともできるようになるはずです。

 さらにこの先は、新卒採用や中途採用という議論、そして正社員や契約社員、派遣社員といった議論ばかりではなくて、フリーランスや副業など多様な採用機会や雇用形態が生まれていくはずです。