全7480文字

※2019年11月8日公開の「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」が、異例のヒットとなり、大人の男性向け上映会も行われるなど話題になっています。このキャラクターが持つ魅力はどこにあるのかを探ったインタビューを再掲載します。

日経ビジネスオンラインに、2015年10月10日に掲載したものを転載しました。記事中の肩書きやデータは記事公開日当時のものです。

「ここがおちつくんです」
「ここにいたいんです」

 電車のロングシートの隅、喫茶店なら窓際の奥、会議室なら角の椅子を選ぶ。「遠慮しないで、真ん中に出ておいでよ」と誘われても、隅っこにいたい。目立たなくていいから、落ち着いてくらしたい。そんな気持ちは、日本人ならかなりの比率で持っているのではないだろうか。もちろん、私もそのひとり。

 「だから日本人はグローバル競争に弱いんだ」という話はひとまず置いて、控えめな気持ちを体現したかのようなキャラクターが今、ヒット中なのをご存じだろうか。オリジナルキャラクターの文具、雑貨、ライセンスビジネスの大手、サンエックスが2012年9月に発売した「すみっコぐらし」だ。

 二頭身(?)のまるっこい体型のかわいらしいデザインだが、よく見るとちょっと背をすくめ、手を前に合わせて、どのキャラクターも内気でおとなしそうで自信がなさそう。設定を見れば、寒いのが苦手なしろくま、言いたいことが言葉に出来ない内気なねこ、食べ残されてしまったとんかつの端っこ、エビフライのしっぽにタピオカ、などなど、どいつもこいつも一癖持っている。そんな「すみっコ」たちが、文字通り部屋や本棚やソファーの隅っこで暮らしているという設定だ。

 サンエックスのキャラクターと言えば、最も知名度が高いのは「リラックマ」(デザイナーはコンドウアキ氏)だが、「すみっコぐらし」はデビューから3年足らずの間に、早くもリラックマに次ぐ柱に育っているのだという。それも、同社の資料に依ると、小中学生と同じかそれ以上に、社会人に支持されているのだ。

 日本人の「すみっこ」心を鷲掴みにしたこのキャラクターはどんな切れ者デザイナーが生み出したのか、興味津々で東京・神田のサンエックス本社にうかがった。

(サンエックス本社の、キャラクターグッズが溢れる打ち合わせスペースにて)

制作本部商品企画室・鈴木正人次長(以下鈴木):…デザイナーの横溝はまもなく参ります。日経ビジネスさんが「すみっコ」に興味を持たれるというのがちょっと意外で、先に、今日のお話のきっかけというのをうかがっておきたいのですか。

もともとは個人的な興味です。2年前、たぶん発売になってすぐ、当時小学校低学年だった娘がこのキャラクターに「はまった」んですね。

鈴木:ああ、娘さんが。

うちはディズニーランドに一度も行ったことがない一家で、キャラクター商品もほとんど置いてなかったんですけれど、すみっコをきっかけに、ずるずるとこちらの世界からの浸食が始まりまして。

鈴木:では、今ではそれなりに買っている?

ええ、抑えよう、抑えようとはしているんですけど…あの辺のキャラクターまで入ってきています。

鈴木:あ、すみっコに限らずほかのものまでですか。

すみっコを入り口にして、「まめゴマ」とか、「センチメンタルサーカス」でしたっけ? 気がつくと、御社のキャラクターがどんどん増えてくるんです。

鈴木:じゃあ、その後ろの「リラックマ」もありますか。

実はリラックマは、「どメジャーなキャラだし、私たちまで買わなくてもいいか」と思っていたんですが、最近はじんわり抵抗感がなくなってきて、まずいなあ、と…

制作本部デザイン室 デザイナー 横溝友里さん(横溝):お待たせしました、初めまして。