全7825文字

 本記事は2009年4月24日に「日経ビジネスオンライン」の「人生の諸問題」に掲載されたものです。語り手の岡 康道さんが2020年7月31日にお亡くなりになり、追悼の意を込めて、再掲載させていただきました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

(日経ビジネス電子版編集部)

この連載、本当に書籍化!!

絶賛予約開始中。詳しくは最後のページへ!

(雪の降る成人の日。自転車で新成人へお祝い電報を届けていた岡青年にとって、その日は自分の成人式でもあった。―― なんていうストーリーが笑い話になるのは、状況に応じて、自分のルールを作り出せるパワーがあったから。って、周りは迷惑?--という話の前回から読む?)

小田嶋:岡の場合は、ルールを自分で作っていたりするから。

クリエイティブディレクター 岡 康道氏 (写真:大槻 純一、以下同)

:究極はそうですよ。人生、どんなときでも、自分で作ったルールで遊べるのが一番楽しいよね。

小田嶋:岡のうちでマージャンをやるとそうだったもん。

:そんなことないよ、お前。

小田嶋:いや、岡のローカルルールが出てくるから。

:マージャンのルールはマージャンのルールだよ。

小田嶋:こいつのうちでマージャンをやると嫌なのは、シチュエーションを全部つくっちゃうことなんですよ。たとえば、かける音楽とか、決まっているんだよね。

何をかけていたんですか。

:その場にまったく合わない曲ですね(笑)。

小田嶋:俺、今、探してるんだけどさ。もう、懐かし過ぎて。お前が死ぬほどかけてた浜田省吾。そう、「ラブ・トレイン」だよ。あまりに懐かしくてさ。

:浜田省吾。

ハマショーをかけて麻雀に勝つ!

小田嶋:「路地裏の少年」を出す前だよ。変なバスケットボールの格好をして。

:何かめちゃくちゃなころだよね。歌謡曲になる前の浜田省吾、みたいな時期。

小田嶋:ナンパみたいな変な歌なんだ。歌の主人公がバスを追い掛けて走ってたりするという。それを大笑いしながら。

:かけながら笑ってるんだよ。感動してるんじゃないだよ、言っておくけど。

小田嶋:君の乗ったバスを~♪ って、おい、こいつ、バスを追い掛けてるよ、なんて言って。

:で、気を散らしておいて、ロン、って。

小田嶋:そうそう。しかし走るまでやるかね、ロン、みたいな。あれ、エンドレスでかかっていたからな。お願いだから、やめてくれ、という話だったよ。

 そういえば、お前にはバックギャモンも、ずいぶんやられたな。

:うるさいな(笑)。

実は公式戦プレーヤーでした

小田嶋:あれも何か、お前が持ち込んできたんだよな。これ、知ってる? 西洋のすごろくだよ、なんて。一時流行ったさ。

:そうそう。西洋のすごろくだよ(笑)。江戸期の前に日本に入ってきて、江戸時代に1回、禁止令が出たんですよ。町民がみんなそれをやって、すごいことになったという。ホントかどうか分からないけれど。

コラムニスト 小田嶋隆氏

小田嶋:自分だけルールを熟知して。

:僕ね、小田嶋には内緒でバックギャモン協会に入って、公式の大会にも出ていたわけ。それで、そこまでいってから友達に広めたの。

小田嶋:俺はやられたよ。

:あれって、いつだったっけ?

小田嶋:大学のとき。お前が一番貪欲だったころだよ。

:あれは10分ぐらいで勝負がついちゃうから。

小田嶋:マージャンだって、5000円かぶるにはそれなりの時間がかかるけど、あれだと一瞬のうちに、すーっと消えていくんだよね。

:すーっと2000~3000円はなくなっちゃうよね。

小田嶋:お前はアメフトの試合で腎臓が破裂したときにも、その後にマージャンを打っていたんだよね、信じられないことに。