全8578文字

:日本の政治にはそういうのがあまりなくてさ、選挙で負けた方が「お手並み拝見」とか嫌みを言ったりするでしょう。

小田嶋:捨てぜりふだよね。

:スポーツはその点、ぎりぎり残ってはいると思うんだけど、でも、敗者のスピーチの方が、ともすればカッコよかったりする欧米ほど見事なものじゃない。

小田嶋:日本だと派閥でもって対立して担ぐ候補を変えたりすると、その後、和解できなかったりするでしょう。よく自民党なんか、それで大げんかになっちゃって、あいつとあいつはだめだ、みたいに引きずっているけど。例えばこの間の大統領選のケースで言うと、オバマとクリントンはあれだけひどいことを言い合っていたのに、その後、国務長官にはあなたしかいないと思っていました、なんて。

:よく言うよ。

小田嶋:あれができるのはやっぱり向こうの人のメンタリティーだよね。我々はそう言われてもちょっと、それを言うんだったらあれは何よ、という。

ということは、女々しさとは日本人的ということなのでしょうか。

小田嶋:外人の女々しさもあるんだろうけど、そういう意味では、日本人というのは女々しいと思うよ。

:女々しいのは同じだとしても、あっちの人たちの方が、コントロールする文脈みたいなものを持っているんじゃないですかね。

2位の賞品を投げ捨てろ

小田嶋:異民族がすぐそばにいたり、しょっちゅう異教徒がやってきたり、という経験をしている人たちは、やっぱり言葉だったり、論理だったり、立場だったり、駆け引きだったりでやっていかなきゃいけないんだけど、我々は何となく、気持ちで察してよ、みたいなところをやっているから。

:そうだよね。そもそも対立が表面化しないから、対立して敗れることのトレーニング機会も少ないんだよ。

小田嶋:一度表面化しちゃうと修復が難しかったり、勝ち負けがついちゃうと付き合いにくくなっちゃったり。だから、お互い順位を付けないでやっていきましょうよ、みたいな、くそ甘ったれた関係が好きだったりするでしょう。

:ひところ、幼稚園とか小学校で徒競走の順番を付けない、というようなことをやっている、と話題になったでしょう。あれをやると、よき敗者のなり方を学べないですよね。すごくよくないと思う。

小田嶋:あれはもう、さすがにやってないでしょう。でも、順位は付けてるけど、賞品を渡すとか、渡さないとか、そのへんはごちゃごちゃやっているんじゃないかな。

:僕が見た自分の子供の運動会では、昔みたいに1位がノートで2位が鉛筆みたいな、そんなのはなかった。

小田嶋:そういうのはなくなったね。

:そうでしょう。それで鉛筆をグランドにたたきつけるやつとか、そういうことがなくなった。

そんなの見たことないです。

:ないけどさ、俺も。例えばそういうようなことだよ。

小田嶋:小学校の徒競走は大切ですよ。

:大切だよね。プライドを懸けて、それが打ち砕かれたとき、どういう態度でグラウンドを半周して去っていけるか、ということだよね。

それで岡さんは夜中に悪口を思い出したときは、どうやって折り合って眠るんですか。

:いや、だから、折り合えないんですよ、いまだにね。思い出しちゃったら、眠れなくなっちゃう。『チャイルド44』とか、ああいう強烈に面白い小説があるときはいいんだよね、とにかくそれを読んじゃえば何も思い出さないから。ちょっと今、面白い本がないな~、と思っているときに思い出すとやばいですね。

小田嶋さんはそういうことはありますか?

小田嶋:俺は、その部分はないかもしれないね。嫌なことはすぐ忘れる、というのが俺の長所だから。

:それって他人にあまり関心がないということじゃないか。

小田嶋:まあ、そうだろうけど、でも、それは昔から忘れるようにしている、ということはありますよ。

:たぶん小田嶋の方が僕よりひどいことを言われていると思うよ(笑)。

小田嶋:だって俺のようなもの書きって、人に対してもいろいろなことを書いたり、何なりしているから、当然それは自分に返ってくるよね。そこは気にしないようにしないと、身が持たない部分があります。そういう人じゃないと、こういうライターってやっていないと思うよ。

一同:(みんなで納得)。

小田嶋:言われても平気な人たちですよ、皆さん、ライターさんとかっていうのは。

とはいえ、努力してそういうふうに持っていった、ということなんでしょうね。

小田嶋:人の言うことをあまり聞いていないのかもしれないですね、ちゃんとはね。

(せっかくのフォローが水の泡)。

「人生の諸問題 令和リターンズ」はこちら