※この記事は日経ビジネスオンラインに、2014年8月26日に掲載したものを再編集して転載したものです。記事中の肩書きやデータは記事公開日当時のものです。

 本連載は、昨年(2013年)まで米ビジネススクールで助教授をしていた筆者が、世界の経営学の知見を紹介していきます。

 さて、最近は以前にも増して、日本中で起業への関心が高まっています。今年(2014年)6月に発表された安倍政権の「骨太の方針2014」でも、日本を「起業大国」にすることがうたわれました。実際、最近は会社勤めの方々の中に、将来の目標として「今いる会社を辞めて起業」を意識される方が多く出てきています。

 他方で、起業に関心はあっても、及び腰の方も多いのではないでしょうか。起業はリスクが高いですから、会社勤めで安定収入を得ている方には勇気のいることでしょう。実は、最近の経営学では、この起業リスクの軽減となる考え方が注目されつつあります。

 それを、ハイブリッド・アントレプレナーシップ(Hybrid Entrepreneurship)と言います。本稿では「ハイブリッド起業」と呼ぶことにしましょう。

ハイブリッド起業家は、世界では珍しくない

 ハイブリッド起業とは、「会社勤めを続けながら、それと並行して起業すること」です。要するに「副業として起業する」わけです。

 日本では、起業というと「会社を辞めて起業するか、辞めずに起業をあきらめるか」の二者択一と思われがちです。しかし世界的にみると、ハイブリッド起業はきわめて一般的な形態であることが、近年の調査で明らかになりつつあります。

 例えば、英クランフィールド大学のアンドリュー・バーケたちが2008年に「スモール・ビジネス・エコノミクス」に発表した研究では、英国の1万1361人を対象にした調査から、「完全に独立した起業家(以下、フルタイム起業家)」よりも、会社勤めを続けながら起業する「ハイブリッド起業家」の方が多いことを明らかにしています。

 他の調査でも、フランスでは全起業家のうちの18%、スウェーデンでは32%、オランダでは68%がハイブリッドとなっています(注1)。1997年の米Inc Magazineの「急速に成長しているスタートアップ500」特集では、500社のスタートアップCEO(最高経営責任者)の2割が、「起業後もしばらくの間は、前の会社で働いていた」と回答しています。

注1:Strohmeyer, R., V. Tonoyan. 2006. Working part- or full-time? The impact of welfare-state institutions on atypical work forms. Dowling, M., J. Schmude,eds. Empirical Entrepreneurship Research in Europe. Edward Elgar, Cheltenham.

続きを読む 2/5 ハイブリッド起業のメリットとは

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。