全5531文字

 ここでnot very good について解説しておきます。これは学校では「very good ではない」ということであり、「すごく良いというほどではない」くらいに教わります。原義はその通りですが、実際に使われる場合は「かなり悪い」です。

“How are you?” 「元気にやってる?」
 に対してほとんどの場合は
Very good.
Good.
Fine.
 などと答えます。松葉づえをついて、見るからに辛そうに歩いてきた友人でも
“fine (またはgood ).”
 と言うでしょう。

 つまり、not very good とはなかなか言わないということです。もし、誰かがnot very goodと言った場合は、その後に「会社は首になるし、彼女には振られるし、財布は落とすしさ」といった理由がつきます。この3つのうち、1つくらいしか当てはまらないなら、not very good とは言わないでしょう。

 ちなみに、この発言には英米人の自虐的なユーモアが含まれています。こんなにひどい状況なんだけど、not very good (すごく良いとは言えない) と言っている自分がおかしいのです。これを聞いている相手の人は発言者のユーモアを感じますが、同時に「相当ひどい状態だ」とも感じるわけです。

good だけで幅広い表現ができる

 こう見てくると、われわれが会話で使う形容詞は
very good
good
 くらいに絞られます。not very good は「かなり悪い」ですから、その代わりに「まずまず」(英語ではOK)くらいは使うかもしれません。

 goodをうまく使うだけで、幅広い意味を表わすことができます。

 例を挙げます。以下の例文でgoodに力を入れて言えば、本気で「良い」という気持ちを言っていることになり、淡々と言えば「まずまず」の意味になります。

英語が達人級だ。 His English is very very good.
調子がいい。 I feel good.
サービスは及第点だ。 The airline’s services are good.
相手として申し分ない。 He is a good match for me.
話し上手だ。 She is a good talker.
これは幸先がいい。 This is a good sign.
(やめるのに)キリがいい。 This is a good place to stop.
得意客だ。 He is a good customer.
勝算がある。 We have a good chance of winning.
政治家はしっかりしろよ。 Politicians are not very good.
(しっかりしろ⇒なぜか⇒政治家はかなり悪いから、という解釈です。)

 good以外の形容詞が使える人はもちろん使っていただいてかまいません。大事なことは、goodだけでも相当のことが言えるということです。

good を使いこなせば英米人のように誉め上手になれる

 「very good」や「good」などを使い分けながら、英米人の微妙な本音の伝え方に慣れていってください。だんだんと感じとれるようになります。外国人の中に混じって働こうと思っているかたには必須のテクニックです。

 あるとき、ぼくの働く職場にインド人の上司が欧米人の上に来たことがありました。その本部長は部下を頭ごなしに叱るのです。部下たちは新米の上司の振る舞いに、「自分はすぐにでも首になるのではないか」と戦々恐々としていました。