全3034文字

※この記事は日経ビジネスオンラインに、2013年1月16日に掲載したものを再編集して転載したものです。記事中の肩書きやデータは記事公開日当時のものです。

「あいつは根拠のない自信を持っている」。

 こんな表現があります。あなたの周りに「根拠のない自信」を持っている人はいますか?あなたは「根拠のない自信」は持っている方が良いと思いますか?

 僕は、カヤックという会社を経営していていろんな社員をみてきましたが、根拠のない自信がある人とない人がいることがわかりました。あるいは、最初は根拠のない自信があったけども、だんだんそれがなくなってくるという人も見てきました。

 そこで、今回は「根拠のない自信」について考えてみたいと思います。

ビジネスで大成功をおさめる人は知っている

 本当は、「根拠のない自信」はないのだろうとは思っています。
きっと、根拠はその本人の中にある。でも、それが時に言葉で説明できないものであったり、周囲からみると根拠になりえないものだったりするだけだと思うのです。

 ただ、ビジネスで大成功をおさめる人は、実はこの言葉で説明できない「根拠」を信じることの重要性が分かっているのではないかと思います。つまり、世の中の大半の人にとっては、根拠たりえないものを根拠にして自信に変えることができるんだろうと思います。

 では、そもそも「根拠のない自信をもち続けられる人」というのはどういう人のことなのでしょうか。

 誰もが若いうちは、ある程度人生に期待感がいっぱいですし、根拠のない自信をもっているものです。ですが、それは年をとるとともに様々な常識を身に着け、根拠がないとなかなか自信がもてなくなるものです。

 それが普通のサイクルですが、そこから逸脱して、「根拠のない自信を持ち続ける人」について考えてみたいと思います。

 僕は厳密に言うと2種類のタイプがいると思っています。1つ目は、最終的に自分に起きたことは自分にとって全部いいことなんだと思っているタイプです。ただこれは別に特別なことではなく、誰もがある程度はそのように思っているのではないかと思います。でも、ある程度じゃなく、それをつきつめている人です。究極のポジティブ思考、もっといえば究極の能天気、それがある程度他者と比較して突き抜けていると、「なんであいつはあんなに根拠のない自信をもっているんだろう」と言われる境地にまでいきます。

どうでしょう。周囲に何人かいませんか?普通だったら、その状況なら不安になるはずなのに、ほんとにのんきだなぁ・・・って人です。