※この記事は日経ビジネスオンラインに、2014年5月1日に掲載したものを再編集して転載したものです。記事中の肩書きやデータは記事公開日当時のものです。

 今回から、ビジネスパーソンの着こなし術について具体的に説明していきます。 まず初回はスーツのジャケットに関する素朴な疑問について。ジャケットを着用した場合、みなさんはいくつ目のボタンまで留めていますか。

 スーツのジャケットには、主に2つボタンと3つボタンがあります。 このボタンをいくつまで留めるべきか悩む人も多いようです。「きちんと着る」ことを意識して全てのボタンを留めている人も、時折見かけます。

 しかし実はこれは大きな間違いです。2つボタン、3つボタン、どちらのジャケットを着ても、一番下のボタンは留めてはいけません。

このスタイルはNG。一番下のボタンは留めないのがルールだ(撮影:古立 康三、ほかも同じ)
2つボタンの正しい着用方法

次ページ 一番下のボタンは単なる“飾り”