※この記事は日経ビジネスオンラインに、2010年1月13日に掲載したものを転載したものです。記事中の肩書きやデータは記事公開日当時のものです。

 国際社会が今年迎える山場の1つが、アフガニスタンである。昨年12月1日、オバマ米大統領は3万人の増派を決定し、同時に2011年7月に撤退を開始すると宣言した。米軍に促されて、韓国軍やスペイン軍など増派の方向へと歩みを進める国もある。

 日本は11月10日首相官邸がアフガニスタンへの大々的な支援を発表した。それは軍事行動ではなく日本独自の民生支援だ。

 タリバン掃討はできるか、アフガニスタンの人々はどうなるのか、国際社会のアフガニスタンへのかかわりについて考えてみたい。

カンダハールから始まったタリバンの進軍、そこを狙う米軍

 米軍は、カンダハールをタリバンから奪還する作戦を取ろうとしている。

 カンダハールは、タリバンが軍事行動を始めた地域だ。タリバンはここを拠点にして急速にほかの地域に支配地を広げ、1995年9月にはイラン国境のヘラート州を制圧、カブールも1年後には占領した。米軍がカンダハールの奪還を目指すことは、タリバンの本拠地をつぶす意味合いがある。

 しかし、オバマ大統領が終わりを区切っての戦を宣言したことは、共和党のマケイン議員など戦争を良く知る人々には不興だ。結果に関係なく作戦を終えるのであるから、あらかじめ敵に背中を見せているようなものともいえる。

 敵であるタリバンとアルカイーダから見れば、それはあらかじめ勝利を手にしているかのような戦いであろう。タリバンは、それまで時間稼ぎをすればいい。

 いや、二度と起き上がれないくらい叩きのめしてやる、と思っているかもしれない。戦い方の常識からすると、極めて異例であるのは間違いない。

偵察隊20人中1人だけ生き残った兵士

 ここに1冊の本がある。『アフガン、たった一人の生還(原題:Lone Survivor)』(2009年、亜紀書房発行)という。アフガニスタンのヒンズークシ山岳地帯へ、偵察隊の一員として送り込まれ、ただ1人生還した米軍兵士の戦いの記録である。

 著者の名は、マーカス・ラトレル。米国海軍SEAL部隊SDV(シール輸送潜水艦)第1チーム所属の3等軍曹。スナイパーであり衛生兵だという。

 軍事知識のある人ならばこれだけで分かると思うが、最精鋭の特殊部隊である。米軍は、アフガニスタンには陸軍グリーンベレーやレンジャーだけではなく、シールのような海を主戦場とする特殊部隊も動員している。

続きを読む 2/5 羊飼いだと思った住民は、タリバンの一味だった

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。