本記事は2012年6月26日に「日経ビジネスオンライン」の「人生の諸問題」に掲載されたものです。語り手の岡 康道さんが2020年7月31日にお亡くなりになり、追悼の意を込めて、再掲載させていただきました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

(日経ビジネス電子版編集部)

いつだって僕たちは途上にいる』(岡康道×小田嶋隆)

 この6月に「人生の諸問題・シーズン3」をもとにした単行本の第3弾『いつだって僕たちは途上にいる』(講談社)が刊行されました。五月雨式に連載してきた岡康道さん、小田嶋隆さん、そして清野由美さんのこの企画、開始からもうすぐ5年が経ちます。早いものです。

 今回からしばらくの間、単行本販促企画としまして、「シーズン4」をお送りします。早い話プロモなんですが、なんだか一番これまでの中で、清野さんと編集部が当初目論んでいた本題、「ウェブ時代のコミュニケーション作法」に迫っているような、いないような…(担当Y)

振り返るに、この対談が「日経ビジネスオンライン」で始まったのが2007年。その時はツイッターもフェイスブックも、スマホもiPadも、日本の日常にはまったく存在していませんでした。

小田嶋:5年の間にずいぶん変わりましたね。

ツイッターが流行し始めた当時、この対談で小田嶋さんは「うかつに参入しないでよかった」とおっしゃっていましたが、その後、実にナチュラルに参入されました。

小田嶋:そうですね。すみません。

そのあたりの変化からうかがっていきたいと思います。

:だとしたら、僕の方が簡単なので最初に申し上げますけれど、僕は何もやっていません。ツイッターもやったことありません。フェイスブックもやったことありません。

じゃあ、今回は主に小田嶋さんにお話をうかがうということで。

クリエイティブディレクター 岡 康道氏(写真:大槻純一)

:ちょっと。

小田嶋:本当は、岡はやるといいと俺は思うよ。

:えー。

小田嶋:岡は絶対に向いているよ。

:何に?フェイスブックに?

小田嶋:いや、フェイスブックは面倒くさくて触らないだろうから、ツイッターぐらいですね。かかわり方的にも、文字数的にも。

140字以内ということで。

ツイッターにネタはいらない

:嫌なこと言うね。でも書くことがないもん。

小田嶋:書くことがなくても、ツイッターでは、誰かが言ったことに返事をすればいいんだよ。岡ってアドリブ方面の人だから、何かがあってそれに返す、ということの方が、何もないところから何かを浮かばせることより得意でしょう。実は俺もそうなの。もともと、誰かに何かを聞かれたり、つつかれたりしないと何も出てこないノーテーマな人間だから。

:ツイッターやフェイスブックはどういう仕組みなのかな、とか、やっている人のを見てみようかな、とか、その辺の知識は広告を作る上でも必要になってきちゃったので、勉強はしていますけれども、自分ではやらない。だいたいソーシャルネットワークとか言う前に、僕と小田嶋って電話することだってないんだもの。あったとしても年に一度ぐらいでしょう。

そうなんですか?

続きを読む 2/8 イチャ電じゃなくて、モメ電

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。