小田嶋:俺はだいたいゲイの歌は昔から好きですよ。

なぜだったんでしょう。

コラムニスト 小田嶋 隆氏
(写真:大槻純一)

小田嶋:なぜかというと、ゲイの人たちは、普通の人が普通に手に入れるものが、普通では手に入らない。そこに、ある深みが出てくるの。というか、俺が深読みしているだけなのかもしれないけど。「世界に一つだけの花」って、初めSMAPが歌っていたときは、何を小賢しことを歌いおってと思ってたんだけど、作ったのがマッキーだと聞いたら、ああ、いい歌だと(笑)。

:あれって、人はそれぞれ違っていていいんだ、というような歌だよね。

小田嶋:人はそれぞれ違う種を持っていて、それぞれ違う咲き方をするんだよ、ということを、例えばキムタクから言われると、「何おまえ、調子こいているんだよ」となるんだけど(笑)、だけど、マッキーが言っているということであれば、その、個性という言葉の中に痛みがあるんじゃないか、って深読みできてしまう。

その痛みと小田嶋さんはどこでつながるんですか。

小田嶋:どこなんだか分からないんだけど。

:痛みが深いということですよね。

小田嶋:そうね。

:傷つき方が深いというか。そういう部分への感性を、かつて僕たちは持っていたということなんですよね。

岡さんのメンタリティーは団塊の世代なんだ?!

そして、そんなところにいきなり、ガロの「学生街の喫茶店」という、岡さん発のまた違う世界が。

:これは僕が挙げた曲ですね。ははは。

小田嶋:これこそ、お茶の水カルチェラタンの歌だよね(このあたりは前々回)。

1972年のヒット曲です。歌詞の中にボブ・ディランも出てきます。

小田嶋:そういう意味で言うと、団塊の世代が聴いていたんじゃないか、という曲を、岡は小学校から中学校のときに、ぐっと聴いていたという感じだね。

:そうかもしれないですね。

小田嶋:前々回の、カルチェラタンでゲバ棒を見て興奮しちゃった話とか。

:図らずもね。

次ページ 中学時代に孤立して背伸びしてました