:その芸能人は何という人だったの。

小田嶋:当時、KKさんといったけど、後に苗字を変えて、TVドラマで有名俳優の妹役とかをやっていました。

以前、「小田嶋隆のピース・オブ・警句」で書かれていたネタですね。

小田嶋:そうそう。

:彼女は、その後は出てきてないの?

小田嶋:出てきてない。そこは天地真理と同じで、ヌードになっちゃったからね。

:そこまでは一応追ったのか。

小田嶋:知っている人がヌードになったというのは、なかなかのあれで、ありゃ、脱いじゃったのね、と。

今だったら秋葉原のAKB劇場に行っている?

小田嶋さんは、今だったらAKB劇場に行っている口でしょうか。

小田嶋:行かない。でも、高校生だったら行っているかもしれない。

:僕は行かない。

小田嶋:俺はキャンディーズのイベントのために、上野の「アブアブ」に行っちゃいました、という過去があるから。はい。

:「青春の音楽」というテーマは、恥ずかしいものだよね、これ。

小田嶋:ね。これは思わぬものを掘り出されてくるのがつらいよね。

本を語るよりも、映画を語るよりも恥ずかしいですか?

:そうですね。ずっと恥ずかしいかもしれないですね。

その意味では、岡さんは本当に度胸よく、恥ずかしいタイトルを出してきていますが、小田嶋さんはカッコ付けてるな、と感じました。

:そうだよ。何だよ、小田嶋。俺は恥ずかしかったよ。

(→この後、2人の対談は、もっとアクティブに、もっと後ろ向きに進んでいく予定です。ご期待ください。)

おじさんたちの青春の光と影は、意外に面白い
いつだって僕たちは途上にいる』(岡康道×小田嶋隆)

 日経ビジネスオンラインきっての長寿コンテンツ、ひいては小田嶋隆を“再び”世に出した当連載(自慢)が、みたび単行本になりました。五十路を越えたお二人が、青春時代を振り返る、かと思えば、現世の悩みにドリフトし、すべりにすべって横道に逸れていく、そこにキヨノ姐さんがぐさっとブレーキ。暑くて眠れない夜に、ページを開けばくすくす笑いと共に、気持ちがちょっと楽になる(かと思います)。効能は是非、購入してお確かめくださいませ(Y)

(「人生の諸問題 令和リターンズ」はこちら 再公開記事のリストはこちらの記事の最後のページにございます)


「人生の諸問題」は4冊の単行本になっています。刊行順に『人生2割がちょうどいい』『ガラパゴスでいいじゃない』『いつだって僕たちは途上にいる』(以上講談社刊)『人生の諸問題 五十路越え』(弊社刊)

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。