※ 山なし落ちなし意味なしが極まっていますが、ご寛容にお付き合いください。

小田嶋:このころのショーケンって、やたらカッコよかったのよ。ほら、岡が以前に「青春の映画」で挙げていたあれ。

:「青春の蹉跌」?

小田嶋:そう、「青春の蹉跌」。あのときのショーケンも、カッコいいったらありゃしなかったでしょう。

:でもさ、俺、この間、あの映画を見直してみたんだ。そうしたら、くそ映画だった。

一同:出た、振り返ればバカな僕(笑)。

:もうね、柴田翔「されど われらが日々」に匹敵するくだらなさ。(このあたりはシーズン3「青春の読書(このへん)」「青春の映画(こちら)」などをどうぞ)

小田嶋:そりゃ、そうでしょう。

:あんなものを僕の「青春の映画」に挙げちゃって、ばかみたい。恥ずかしかったよ、もう。

そういう岡さんは「傷だらけの天使」はいかがでしたか。

レッツ笑点音頭

:ちなみに「傷だらけの天使」は、僕はまったく興味なかったね。

え。

:うん、好きじゃなかった。

何で。

:何でって言われても。何でだろう。

小田嶋:Aなんかは大好きな番組だった。エレベーターで因縁つけられて、相手を思わずなぐっちゃうようなタイプのやつとか、ちょっと不良がかった子たちが好きだったのよ。

だったら岡さんも好きそうじゃないですか。

小田嶋:そうだね。

:いや、僕はあんまり面白いものが好きじゃないの。その、何というか当時はね、僕はむにょむにょだったから。

当時は何?

小田嶋:当時はね、こいつは文学少年だった。

:そう、僕は文学少年だったんだよ。

小田嶋:だから、そっちの方じゃなかった。暗い人だったんだよ。

:だって高橋和巳とか埴谷雄高とかを読んでいたんだもん。「傷だらけの天使」なんか見られないよね。

次ページ 日本中、テレビの中まで同じちゃぶ台だった