:変わらないと思いますね。

不幸なまま?

:そうじゃないですか。たとえローラと結婚したとしても、同じように家に帰ってこないだろうし、帰れない。自分の任務について細かいことは言えないし、不機嫌に黙りこくったまま、たまに家にいる人でしょう。

小田嶋:最悪ですよね。

:そういう意味では、女の人は彼に影響は与えていないよね。だってエドワードにしても、あんだけ優秀で任務に没頭していたら、家が多少揉めてようが、そんなの関係なくなっちゃうよね。だから彼は優秀だけど、女の人を不幸にするだけの人。ローラだって、いい迷惑だと思うよ。

小田嶋:あまりにミもフタもないけれど。

:だけど優秀じゃない我々が観れば、あの優秀さにはすごく惹かれるし、だからといって、あいつらが幸福なわけじゃないというので、また安心したりして、よくできた映画なんですよ。

日本でも、こういう映画はできると思いますか。

小田嶋:日本って、ああいう「グッド・シェパード」みたいなところのエリートというのは、実はいない社会でしょう。日本でエリートっていうと、あの経済産業省原子力安全・保安院とかの人とか。

良き羊飼いより「キュート」と言われたい!?

絵柄として全然違うものになりますね。

:だけど、あのN山さんにしたって、ものすごく優秀なんだよ。だって日本であの役になるには、家系とかのバックグラウンドうんぬんとかではなく、自力でなるしかないんだもの。ただひたすら猛烈に難しい競争に勝ち進んでいくという。

小田嶋:役人とはちょっと別の話になるけど、日本って歴代、小さい総理大臣が多かったでしょう。あれ、国際舞台であんまり目立っちゃいかん、というところを本能的に選んでいたんだと思う。だから竹下(登)さんとか、いい味を出していたでしょう。あと海部さんとかもサミットに行ったときに「キュート」とか言われていたでしょう。

:キュートって…。まあ、確かに、あの、いわゆる主要国の人たちの中に入ると、人間ではないよね。

小田嶋:だから湾岸戦争でも、「いいよ、お前らは」みたいなオミソみたいな扱いだったでしょう。あれで、森(喜朗)ぐらいのガタイを連れていくと、「君たちも軍隊を出してくれたまえ」みたいな話になるんだよ。

日本人もこれはこれで知恵者なんですね。

小田嶋:それに対して、とにかく俺たち以外は羊なんだから、というのがアメリカのエリートといわれるところの人たちでしょう。

そのアメリカのエリートにとって、国家、民主主義と個人の間にある葛藤をどう処理するかは、ものすごく重要なテーマのようです。

:だからハリウッドで「グッド・シェパード」が作られるわけだよ。

【「人生の諸問題・青春の映画編」、深まりを予感させながら(?)続きます

日経ビジネスオンラインの大人気連載が、再び書籍化されました。
「人生の諸問題・シーズン2」に、内田樹さんと小田嶋隆さん、高木豊さんと岡康道さんの対談を加えて大幅加筆。
グローバル化を超える人生哲学、ガラパゴス化。その深淵を語り尽くします。

お買い求めはこちらから

大好評の単行本第一弾『人生2割がちょうどいい』も絶賛発売中! 併せて読めば人生も仕事も、さわやかな青空のようにスッキリすること請け合いです。

『人生2割がちょうどいい』はこちらからどうぞ。

(「人生の諸問題 令和リターンズ」はこちら 再公開記事のリストはこちらの記事の最後のページにございます)


「人生の諸問題」は4冊の単行本になっています。刊行順に『人生2割がちょうどいい』『ガラパゴスでいいじゃない』『いつだって僕たちは途上にいる』(以上講談社刊)『人生の諸問題 五十路越え』(弊社刊)

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。