本記事は11年6月13日に「日経ビジネスオンライン」の「人生の諸問題」に掲載されたものです。語り手の岡 康道さんが2020年7月31日にお亡くなりになり、追悼の意を込めて、再掲載させていただきました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

(日経ビジネス電子版編集部)

「青春の5本」をめぐる、コラムニスト×広告プランナーの同級生対談第3回。ン億円のギャラを取るハリウッドスター、欧州の大富豪、映画の中の富と貧しさ、などなど、お金、働くこと、そして帰属意識まで話は広がります。

ダンディなやさ男で、スウィーティで、アダルティで、酸いも甘いも分かってる風な、上司にしたいナンバーワンな、だけど不倫の匂いがしてくるぞ、というようなハリウッド俳優…って、一体、誰のことでしょうか。

(ダンディなやさ男が登場した前回から読む)

:それ、大人の事情で、ここで名前を明かすことはできないんだけど、ン億円ですよ。実に制作費の3分の2がギャラ。

一同:えーっ。

小田嶋:この人、もともと大部屋出身だよね。テレビ俳優出身で偉くなっちゃったという。

:それが今や1日ン億円ですよ。

小田嶋:素晴らしい仕事だね。

:朝から撮って、夕方に終わって、さようならって。

小田嶋:俺なんか腎臓を売っても、そんな金にならない。

:ミラノかどこかからガールフレンドを連れてきてさ。でも、いい人。

小田嶋:そりゃ、それだけのギャラをもらえば。

:たいていは機嫌のいい人になるよね。でも、もともと大部屋から出た苦労人だから、話も通じやすいんだよ。例えば日本の有名俳優たちは、CMには出るけれど、商品を持つ手のアップなんかは絶対にやらないですよね。でも彼は、ああ、いいよ、俺がやるから、って協力的でもあるんだよ。

面倒な人は乗せて転がせ

いい人ですね~。

:いい人。いい人だけどさ、それだけもらえば多少はやるだろう。何だってやるよね。

小田嶋:そりゃ、いい人になりますよね。

クリエイティブディレクター 岡 康道氏(写真:大槻純一、以下同)

:クライアントの乗せ方も、すごい上手。挨拶をした後に、役員の女性のスーツをすぐ褒めるの。その役員は直前まで、「イヤだと言っても、商品は絶対に手に持たせろ」と言っていたのに、褒められた途端に、「いいかな、持たなくても」だって。

小田嶋:だから世界のホストみたいなものだよ。

:あいつにスーツ、褒められたら、女の人、どうする?

ええ~~っ、もう、死んでもいいかも~~っ(まじ)

男性陣 (鼻白む)

小田嶋:そいつとはちょっと違うけど、フランスとかに行くと、遊んで食っているやつって、いくらでもいるでしょう。

:そうだよ。「太陽がいっぱい」(1960年、フランス・イタリア映画 ルネ・クレマン監督)にもたくさん出ていたよ。

小田嶋:アラン・ドロンは貧しい側で、金持ちの側のあれを狙った人間の役だったよね。

:そうそう。

アラン・ドロン主演の「太陽がいっぱい」は、60年代にご覧になっていましたか。

小田嶋:あれは子供の時分に、「日曜洋画劇場」で観ましたね。

:「男と女」とか「シェルブールの雨傘」とか。

解説のほうが面白かった(こともある)

小田嶋:あの辺りはだいたい淀川長治さんのご案内で観ていますよね。淀川さんが、「アラン・ドロンのアキレス腱がきれいでしたね」とか何とか、ものすごくビビッドなご意見を言ってさ、このおじさんはなかなかすごいことを言う人だな…というのを子供心に感じながら観てました。

アキレス腱という目の付け所が。

:変態だよね(笑)。というか、お前、何でそんなこと覚えているんだよ。それ自体が変態じゃん。

小田嶋:だから俺にとってヨーロッパの名画って、淀川さんとセットですよね。

:そうそう、セットなの。映画だけじゃないんだよ、淀川さんが面白いんだよ。

続きを読む 2/4 「遊んで暮らす」勇気はありますか

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。