本記事は2011年12月5日に「日経ビジネスオンライン」の「人生の諸問題」に掲載されたものです。語り手の岡 康道さんが2020年7月31日にお亡くなりになり、追悼の意を込めて、再掲載させていただきました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

(日経ビジネス電子版編集部)

前回からの続き>

前回まで、岡康道さんが出した3本の課題映画で盛り上がりました。だったら次は、小田嶋さんによる3本を…ということで、小田嶋さんからは次のタイトルが挙がりました。

<コラムニスト、小田嶋隆が挙げる3本の課題映画>

○「亀は意外と速く泳ぐ2005年・日本映画
監督:三木聡 出演:上野樹里、蒼井優、岩松了、ふせえり

○「たそがれ清兵衛2002年・日本映画
原作:藤沢周平 監督:山田洋次
出演:真田広之、宮沢りえ、田中泯

○「イントゥ・ザ・ワイルド2007年・アメリカ映画
原作:ジョン・クラカワー 監督:ショーン・ペン
主演:エミール・ハーシュ

小田嶋:じゃあ「亀~」からいきますか。

これ、いきなりの変化球ですが。

小田嶋:俺はこの映画が大好きで、素晴らしくて、一押しで、というのは少し違っていて、全体としてどうなんだ、といわれると、ちょっと困るところがあるんだけどさ。

:何だよ、それは。

コラムニスト 小田嶋隆氏(写真:大槻 純一、以下同)

小田嶋:でも日本映画の中で、洋画には絶対にない味わいって、こっちじゃないかな、と思って。例えばシリアスなドラマとか、笑い転げる話題だとか、あと、人間がちゃんと描けているかどうか、ということになると、邦画は洋画には勝てないんだけど、つまらないところにつまらない仕掛けがあって、そこで、にやっとさせられる微妙なディテールの面白さがあって、おそらくそれは日本人にしか出せないものなんだろうな、って。

ガラパゴス的な。

小田嶋:そうそう。

岡、大いに怒る

小田嶋さんの言いたいことは分かりますが、岡さんは全然分からなかったそうです。

:僕は、まったく、何でこれを観るのか、俺は観たくなかったというか、俺の時間を返せというか…

と、言葉にならないほど苦しんだそうです(笑)。

:小田嶋、ふざけるな、って電話しようと思ったぐらい、つらかったですね。

小田嶋:いや、あれは見せられちゃうと無理ですね。出合わないと無理な映画です。

:何て無責任なんだ。

小田嶋:あれ「チャンネルNECO」か何かを見ていて、ぷっとついたのでふと見ちゃったの。前半なんかは、これはいったいどうやって持っていくのよ…と思いながら。

:今、広告って、震災の空白の後、一斉に復活したわけですよ。だから僕、今、すごい忙しいわけ。その中で、何で、あの「亀~」を観なきゃいけないのか、って。

震災復興なのに、それは大変でしたね。

:大変だったんだよ(怒)。

小田嶋:きっと怒っているんじゃないかなと思っていたよ。

実は私も最初、小田嶋さんには、こんなものを選んで、とすごくハラを立てていました。

小田嶋:うっ。

:もう僕は、出てくる人たちが、ことごとく嫌いだった。主演の上野樹里だって「スウィングガールズ」の方がずっとよかった。

小田嶋:だから、どっちが映画としてちゃんとしているかといったら、「亀~」より「スウィングガールズ」の方だよ。でも俺がこの映画を推したのは、内容はないけど余韻はある、と、そういうところがあるから。

:余韻…?

反撃の清野

小田嶋:そう、余韻がある。あの映画はさ、映画館で金を払って観たら、俺も怒っていたんじゃないかという気がしないでもない。こっちが「観るぞ」って構えて観ると、リンゴが階段の坂道を転がってくるぞとか、うずらの卵焼きを100個作るぞ、とか、いったい何を言いたいんだ、という。

:まあ、「亀~」はそうだったけど、あとの2本はよかったよね。

え、もう「亀~」から次の映画に行っちゃいますか?

:次に行くでしょう。

いえ、私は見終わった後、この映画は素晴らしい! と思いました。だから岡さんと全然違います。

:えっ?

続きを読む 2/5 「これが映画であるはずがない!」

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。