当時はいつ観ていたんですか。

:いろいろなところで観ていました。勤務時間中も観ていましたし、勤務時間外も観ていましたし、だからもう家に帰らないわけだから、家庭崩壊と引き替えにいろいろなものを手に入れた俺、という。

電通は勤務時間中に観ることに関しては寛容だったんですか。

:電通のクリエイティブはオーケーでした。当時の標準は、映画、行ってきます、でよかったんです。

小田嶋:家に帰りたくないというのが1つ、背中を押すあれになっていたみたいな?

:というか比較にならない。というか、家に帰るべきか、どうしようかな、と迷うこともなく、ともかくクリエイティブを何とかしなければいけない、という最大の問題があった。だって自分の浮沈、死活がかかることでしたからね。

そして、その蓄積が生んだCMとは

小田嶋:クリエイターとしてCMを作り始めたのはいつぐらいだったの?

:営業からクリエイティブに転局して4年ぐらいたってからですね。ということは、4年間ぐらい仕事をしていなかった。だって何も作ってないんだから、誰も僕に頼んでこないわけですよ。

小田嶋:それはそうだな。

:だから時間はある。忙しくない。

小田嶋:そうか、勉強だけしていた、みたいな期間があったんだ。

:勉強だけしていました。

小田嶋:そういう、ぶらぶら者も置いてくれる会社だったの?

:そうだったんだよ。

小田嶋:素晴らしいね。

:ただ、あまりにも何も作ってないから、「いいかげんにしろ」的なことはあって、そろそろ不向きなら不向きで対応を考えなきゃな、みたいなことも言われ出して、このまま行ったらやばいな、という感じにはなっていたの。それで4年目に初めてメジャーといえるCMを作ることができた。それまでの蓄積をもとに。

それが結実したのがミラパルコのCMだったんですね。

注・ダイハツ・ミラパルコのCM
「♪買ったら当たるよ サイパン旅行 ヘイ 日本じゃ地味でも サイパンじゃ美人♪♪」と、砂浜のセットで水着のお姉さん、サングラスのお兄さんが歌って踊る。

:・・・・・・。

続きます!

日経ビジネスオンラインの大人気連載が、再び書籍化されました。
「人生の諸問題・シーズン2」に、内田樹さんと小田嶋隆さん、高木豊さんと岡康道さんの対談を加えて大幅加筆。
グローバル化を超える人生哲学、ガラパゴス化。その深淵を語り尽くします。

お買い求めはこちらから

大好評の単行本第一弾『人生2割がちょうどいい』も絶賛発売中! 併せて読めば人生も仕事も、さわやかな青空のようにスッキリすること請け合いです。

『人生2割がちょうどいい』はこちらからどうぞ。

(「人生の諸問題 令和リターンズ」はこちら 再公開記事のリストはこちらの記事の最後のページにございます)


「人生の諸問題」は4冊の単行本になっています。刊行順に『人生2割がちょうどいい』『ガラパゴスでいいじゃない』『いつだって僕たちは途上にいる』(以上講談社刊)『人生の諸問題 五十路越え』(弊社刊)

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。