本記事は2011年3月28日に「日経ビジネスオンライン」の「人生の諸問題」に掲載されたものです。語り手の岡 康道さんが2020年7月31日にお亡くなりになり、追悼の意を込めて、再掲載させていただきました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

(日経ビジネス電子版編集部)

 今回からは小田嶋隆さんと濱野智史さんの対談シリーズです。大学で情報社会論という専門分野を勉強したという濱野さんは、インターネットの世界を「アーキテクチャ」という概念で捉えた著書が高く評価されている若手の論客。

 対する小田嶋さんとは、親子ほども年の差がありますが、お二人ともゲームとインターネットに造詣が深いという共通項があります。

 お二人にネットと日本人、また「ツイッター」や「ミクシィ」、「フェイスブック」といったSNSについて存分に語り合っていただきました。アプローチの方法は違うとはいえ、お二人の会話で「鳥の目」で見たネットの世界を見てみてください。

濱野 智史(はまの・さとし)

1980年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学大学院・メディア研究科修士課程修了。専門は情報社会論。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター研究員を経て、現在は、インターネット関連コンサルタントの「(株)日本技芸」でリサーチャー。主にウェブサービスにおける情報環境の分析や、ネットユーザーの実態調査を行う。著書『アーキテクチャの生態系』で第26回テレコム社会科学賞・奨励賞を受賞。(写真:陶山勉、以下同)

―― 濱野智史さんのご著書『アーキテクチャの生態系 情報環境はいかに設計されてきたか』(NTT出版・2008年)が、大変高い評価を得られています。難解揃いのIT関連本の中ではダントツに分かりやすく、スマートで、インテリジェントである、と私たち出版人の間でも評判で。(「日経ビジネスオンライン」では、「SAMURAI」のマネージャー、佐藤悦子さんも、現代のビジネスパーソン必読の書として強く薦めておられます(「オトコらしくない~」佐藤悦子の10冊編、2021年現在記事公開終了)。)

濱野:いや、ありがとうございます。恐縮です。

小田嶋:2000年以降にネットの世界に起きたさまざまな事柄は、わりと初期からネットに入り込んでいた俺なんかにしても、ぱらぱらと断片的にしか見えていないのですが、それらをちゃんと系統立て、整理してくださっていて。いや、とても参考になりました。

しかも濱野さんは、1980年生まれだという。

濱野:そうです。

小田嶋:1980年というと、俺、もう大学を出ようかというぐらいで。

うーん、一回りどころか、すでに二回りも下ということで(笑)。

小田嶋:大変なことだよね。

そのギャップが今回の対談の1つのテーマになるのでありましょうし。

濱野:いえいえ、そんなギャップなんて。

ざっと話の流れに関する希望を申し上げますと、ご本に書かれているように2000年以降、インターネットという情報環境の上に、グーグル、ブログ、2ちゃんねる、ミクシィ、ニコニコ動画など、いろいろなサービスやアクションが起こりました。

濱野:はい。

濱野さんがそれらの現象の分析者である一方で、小田嶋さんは初期のころから書き手、コンテンツ制作者として生身を現場に置いてきた。自分が発言者となることで面白い気分を味わったり、あるいは、ネガティブなコメントにさらされて嫌悪とか怒りとかを感じたり、そういうナマの感情を味わってこられた。

 そんなお立場と経験の違い、クールとナマの違いが、対談でどのように花開くのか期待して、お話をうかがいたいと思います。

濱野:了解しました。

小田嶋:濱野さんの肩書は学者さんになるんですか?

濱野:いや、普段はサラリーマンです、と言うと変ですけれども、ウェブ関連の制作やコンサルティングをしている会社に勤めていまして、そこで調査の仕事をしています。

続きを読む 2/5

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。