高木:才能一番で入ってきている人間たちだから、ほかに何もいらないわけですよ、言ってみれば。

:若いときに困らないもんね、すごくうまければ。高校も大学も無試験だしさ。

高木:そういうところで育ってしまうと、モノを考えるということが、おっくうになってしまうんですよ。

高木さんは違いましたか。

高木:いや、僕も現役時代はそうだったと思いますよ。ただ、自分がその世界で生きていくためにはどうしなきゃいけないか、ということはすごく考えました。それで、最近は生まれて初めて「勉強しよう」と、そんな気持ちになってきました。

ええっ。

:いや、本当に最近、高木はすごいんだよね。50歳を過ぎて。

高木:はい。この歳になって初めて。例えば人と接するだけでも勉強になることってあるでしょう。僕は人と接する機会はたくさんあったのに、今まではそれは大きく意識していなかったわけ。ある人から言われた言葉や、示された態度というのは残っている部分もあるんだけど、自ら何かを学びたいとか、吸収したいだとか、そういう心境になったのは初めてかな・・・。

一同 (あまりの素直さに虚を突かれる)

高木:もうベッドの周りの景観が変わっちゃいましたから。

ベッドサイドに置く本のタイトルが変わったとか?

高木:いやいや、そもそも本なんてなかったんだから(笑)。でも、最近は本が山積みになっていて。今まで本なんか持ち歩いたこともないのに、今日は2冊もカバンに入れていますし。

高木さん、教養の目覚め

ちなみに今日は何を?

高木:蓮實重彦の『プロ野球批評宣言』。

一同 ・・・・・・。

:それはさっき僕が渡したんだけど、なかなかいないよ、蓮實重彦を読んでいるプロ野球解説者って。

高木:それと、孫子の『兵法』。

これまた。

高木:最初のきっかけは瀬島龍三の『祖國再生』という本を読んだことだったんですけど、瀬島さんという人が孫子の言葉をたくさん引用しているんですね。「賢者は歴史に学び、愚者は経験にしか学ばない」とか。そこから興味がどんどんと広がっていって。

:高木は今、ようやく17歳のレベルに来たところなんだよ。

じゃあ今度、「もし高木豊が孫子の『兵法』を読んだら」企画でも立ち上げましょうか。

:高木に高校生の制服を着てもらってね。

高木:セーラー服を俺が?

:ばかだな、学ランでしょう、普通は。

対談スペシャル、いかがでしたか? 次回からは岡さん×小田嶋さんに戻り、読書の秋にふさわしい「本」のテーマを続けます。

日経ビジネスオンラインの大人気連載が、再び書籍化されました。
「人生の諸問題・シーズン2」に、内田樹さんと小田嶋隆さん、高木豊さんと岡康道さんの対談を加えて大幅加筆。
グローバル化を超える人生哲学、ガラパゴス化。その深淵を語り尽くします。

お買い求めはこちらから

大好評の単行本第一弾『人生2割がちょうどいい』も絶賛発売中! 併せて読めば人生も仕事も、さわやかな秋空のようにスッキリすること請け合いです。

『人生2割がちょうどいい』はこちらからどうぞ。

(「人生の諸問題 令和リターンズ」はこちら 再公開記事のリストはこちらの記事の最後のページにございます)


「人生の諸問題」は4冊の単行本になっています。刊行順に『人生2割がちょうどいい』『ガラパゴスでいいじゃない』『いつだって僕たちは途上にいる』(以上講談社刊)『人生の諸問題 五十路越え』(弊社刊)

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。