本記事は2014年9月4日に「日経ビジネスオンライン」の「人生の諸問題」に掲載されたものです。語り手の岡 康道さんが2020年7月31日にお亡くなりになり、追悼の意を込めて、再掲載させていただきました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

(日経ビジネス電子版編集部)

 「人生の諸問題・放浪編」、小石川の次は、出ました!早稲田です。

 高田馬場駅前の日本一安い居酒屋、新橋の4分の1以下の値段で朝まで打てる雀荘、口を「へ」の字に結んだ大隈さんの銅像……と、なぜかおしゃれな要素に縁の薄い界隈。今もぬぐえぬワセダの匂いに、むせび泣く人も多いことでしょう。

(前回から読む

今日の早稲田歩きは、高田馬場から早稲田通りで大学に向かう、という王道ではなく、目白台から出発し、坂を下って早稲田を目指すという逆ルートです。

小田嶋:成り上がりじゃなくて、成り下がっていくルートですね。

:とにかく大学時代の合コンは、ランクに応じて、「高田馬場でいい」という時と、「これは目白じゃなきゃな」、という時があったんですよ。

小田嶋:馬場とは離れた場所でやらないといけない時があった。

:そうしないと、柔道部のやつとか、もういろいろなのが来ちゃって、訳が分からなくなっちゃう。目白での待ち合わせは気分として大事だったんだ。

大事な時の待ち合わせ場所だった「ドルフィン」。でも、「ここは高級だったので、お茶だけ」。女子からしたら、「何それ?」

(ということで今回は目白台で待ち合わせをして、「和敬塾」横の「幽霊坂」を下り、「新江戸川公園」「芭蕉庵」「椿山荘」に立ち寄って、「神田川」を渡った後に早稲田を目指しています)

「和敬塾」の隣の「幽霊坂」

「和敬塾」は男子専用の学生寮で、早稲田大学に入学した村上春樹さんも一時、入寮していたところ。『ノルウェイの森』のワタナベトオルが暮らした寮もここがモデルになっています。

:ここの坂はいいね。

昼もうっそうとした気配の坂は、その名も幽霊坂です。

小田嶋:今日は坂を下っているけれど、早稲田から来る時は、ここを上がるわけだよ。本女(日本女子大学)に彼女がいると、この坂を上って会いに行くことになる。そういうやつのことが、うらやましかった。

それは楽しそう。青春の「痛快ウキウキ通り」((C)小沢健二)ですね。

:本女に彼女がいればの話だけどね。

小田嶋:そう、いればの話だけど。

ただ、この坂は夜は歩いちゃいけない場所のような気がします。

小田嶋:そうね。昔は追いはぎが出ましたからね。

:昔って何年前のことだよ。

小田嶋:江戸時代だよ。

:昔過ぎるじゃないか。

続きを読む 2/6 ユキチとシゲノブ、越えられない壁

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。