本記事は2010年10月4日に「日経ビジネスオンライン」の「人生の諸問題」に掲載されたものです。語り手の岡 康道さんが2020年7月31日にお亡くなりになり、追悼の意を込めて、再掲載させていただきました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

(日経ビジネス電子版編集部)

 このたび『ガラパゴスでいいじゃない』で単行本にまとまりました「人生の諸問題」。お読みの皆様の中で、横浜ベイスターズファンの方は、何人くらいいらっしゃるでしょうか。

 本連載の片方の主役、岡康道さんも「ほぼ生まれたときから」半世紀にわたって応援し続けている横浜ベイスターズファン。しかし残念なことに、今年「も」シーズン最下位、という結果に終わりました。そればかりか、球団売却のニュースが!

「残念です…ほかに打つ手はあったはずなのに、手放すなんて最後の最後の手段ですよ」――。ニュースを聞いた岡さんは、こう真情を吐露しました。

 今回我々「人生の諸問題」チームは、単行本にも収録した元横浜大洋ホエールズのスター選手、高木豊さんと岡さんとの対談の続編をお送りします。対談はもちろんこのニュースの前に行われたものですが、この状況下で読み直してみますと、先行きを怖いくらい見抜いたものになっていました。

 発売中の単行本と併せて読んで頂ければ、なぜ、輝いていた横浜大洋ホエールズ、そして日本一にもなった横浜ベイスターズが、身売りという局面に至ったのか、腑に落ちるはず。そしてこれ、会社組織に置き換えても、案外他人事ではない、かもしれません。

:横浜ベイスターズは今年もダメだった。しかも今度は身売り。1998年に優勝してからあとは、もう見るべきものがない。

高木:まったくね。今年は何億円もかけて、16人の補強をしていたわけです。16人といったら1軍の半分強ですよ。じゃあ、その選手が、1軍のメンバーに入ったかというと、外国人選手を除いて、1人も入らなかった。

:例外はあったけど。

高木 豊氏(写真:大槻 純一 以下同)

高木:例えば今年、ロッテから取った橋本が、キャッチャーとしてマスクをかぶったときはありましたよ。だけどそれは、橋本という選手の本質を分かって起用していたのではない。橋本はロッテ時代はレギュラーでもなく、横浜ベイスターズに来て、キャッチャーもできるからって、一瞬、レギュラーに据えられたんです。

 でも、橋本がロッテのときに輝いていたのは、里崎というレギュラーキャッチャーが別にいたからで、先輩がいる、という安心感があったからこそ、若手として思い切ってプレーできていたわけです。それが横浜に移籍して、いきなりレギュラーの責任を負わされたって、過去に1年間レギュラーを経験してない人間には、そう簡単に務められないですよ。

素人の疑問に答えられないくらいの「意味のなさ」

何で、そういう起用の仕方なのでしょうか。

高木:という疑問が普通は起きるでしょう。

:それは橋本だけじゃないんですよ。井出しかり、稲田しかり。それからピッチャーの江尻、篠原だって使い続ければ、もっといい結果が出せた人材なのに・・・。

ほかに人材がいないんですか。

:ほんというと江尻、篠原ぐらいのピッチャーならイースタンにいますよ。だから、何のために採ったのか、というのが最初にある。しかもドラフト1位も活躍していない。ドラ1が、こんなに何年間も活躍しないチームも珍しいよね。

高木:結局、何年も同じことの繰り返しをしているわけです。例えば家が古くなってきたらリフォームをするけど、リフォームをしている間に、別の所も弱くなって、またそっちをいじる。そんなことを繰り返しているんだったら、新築で建て直した方が、コスト的にも、内容的にもよくなって、長持ちする。そういう根本的なことが分かってない。

:だからまず、チーム運営のセンスがないよね。

高木:例えばナン億円もかけた選手補強を失敗したら、誰かが責任を取らなければ先には進めないんだけど、誰も取らなかった。そこが甘いですよね。これがアメリカのメジャーリーグなら、採った選手が活躍できないと、そのスカウトって、クビになりますからね。あるいは、その選手が活躍したら、それに対しての報酬があるけれど、横浜にはなかった。

続きを読む 2/5 「あの、これは、プロ野球なのでしょうか」

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。