(で、小石川あたりを一巡して風情ある庭園に戻る)

:あーあ、何だか疲れちゃったな。(と、対談中に横になる岡さん)

小田嶋:おい、何くつろいでいるんだよ。

:畳というのが眠くさせるんだよね。

小田嶋:この庭園とかの感じって、壇蜜とかが何かを撮っていたりする感じがします(笑)。リリー・フランキーとみうらじゅんの、あの「グラビアン魂」な感じの。

:(むっくりと起きて)リリー・フランキーさんとは、サッポロの黒ラベルの広告でお付き合いがあるんだけど、以前に、黒ラベルに出てもらっている妻夫木(聡)君と、斉藤和義さんとリリー・フランキーさんと、それから奥田民生さんの4人で、話をしてもらうイベントがあったの。場所は小さなホールで、50組100人をご招待します、ということだったんだけど、そこになんと6万人の応募があって。

小田嶋:だったら東京ドームじゃん。

最後に歌えるか、歌えないか

:すごいよね、とんでもない倍率ですよ。だからリリーさんなんかは、「こんなことで運、使わない方がいいですよ」なんて言いながら登場してきてね。それで、ビールを飲んで4人で話してもらったんだけど、そのまま終わりにすると、観客に「ばかか」と思われちゃう。というので、最後に奥田さんと斉藤さんが歌ったんだよ。そうしたら、会場の雰囲気がぱーっと変わって。

小田嶋:ああいう歌を歌う人たちってね、歌うと一瞬にして空気を変えちゃうから、すごいよね。

:来てくれた人たちは、「いやあ、最後、よかったねー」となってくれたけど、あのまま歌わずに帰ったら、単なるばかなおやじなわけよ(笑)。だってビール飲んで話しているだけだったら、俺たちだって負けないよ。

小田嶋:そんなに変わらない。

:最後に歌えないってだけなんだから。

すごい違いだと思います。


(→「人生の諸問題・放浪編」の小石川歩きはひとまず終わって、次のエリアに続きます。もちろん次もマイナーなところです。こうなったら「ヤオイ」を極めます。やさしく見守ってください)

(「人生の諸問題 令和リターンズ」はこちら 再公開記事のリストはこちらの記事の最後のページにございます)


「人生の諸問題」は4冊の単行本になっています。刊行順に『人生2割がちょうどいい』『ガラパゴスでいいじゃない』『いつだって僕たちは途上にいる』(以上講談社刊)『人生の諸問題 五十路越え』(弊社刊)

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。